名古屋発バイクツーリング~また~り日記 ~

愛車NC700Xとリトルカブで、東海地方(愛知・岐阜・三重・静岡・長野)と関西地方(京都・奈良・滋賀・大阪)を中心に名古屋発 愛知発の「ツーリング」&「釣り」&「キャンプ」を楽しんでおります。 カテゴリ別アーカイブで旅先を県別で分類できるようにしました。 旅先や名古屋周辺のオススメB級グルメ情報もございます。 使用しているキャンプギアの紹介はカテゴリ別アーカイブで「キャンプギア」を選択してください。 愛知県発 名古屋市発のキャンプ、ドライブ、ツーリング、デート、行楽、観光、釣行などのプランニング時に、参考にしていだだければ幸いです。

カテゴリ: キャンプギア




 1 小型タープ~日帰りのソロツーリングなどに~


 00


  林道ツーリングに行った際、林道脇にバイクを停めて、
いわゆる「ラーツー」をしたのですが、
かなり日差しが強く、直射日光のキツイ季節になってまいりました。


ラーツーにて食事をした林道の行き止まり付近の場所は
木々茂っていますが尾根道で道路の脇は
「すぐに崖」といった場所で、木陰ができない場所でありました


こんなときでも、ゆったり、日陰で食事がしたいですよね。


以前から、ヘキサタープやスクエアタープの他にかさばらず、身軽に日帰りツーリングでソロ~2人くらいで使える小型タープを探しておりましたら、Amazonにて手ごろな価格で「Motomo 超軽量 タープ"ペンタ"シールド」なるタープを見つけました。


ペンタゴン(5角形)タイプの小型タープです。









続きを読む




 1 キャンプツーリングなどでの積載量増に


00
(写真:タナックスツアーシェルケースを装着したNC700X)

キャンプを重ねるにつれ
持参する荷物も増えて参りました。

そこで、バイクへの積載量を増やすため
「タナックス (TANAX) ツアーシェルケース(モトフィズ(MOTOFIZZ) ブラック) MFK-195 (容量40ℓ 片側20ℓ)」をポチッと購入いたしました

 この、ツアーシェルケース、ナイロン生地でできた本体を外側の丈夫なポリカーボネイトのソフトシェルで守る形式のセミハードタイプのサイドバッグであります。

続きを読む

00
(写真:Amazonにて購入した「手斧」)

 

 私は、キャンプで焚火をする薪の長さや太さの調整に以前からノコギリと鉈(なた)を利用しておりました。

キャンプ場で薪を購入する場合には「鉈」だけ充分なのですが、河原などで拾った丸太材や廃材を使う場合、ノコギリでちょうど良い長さに切った後、丸太を半分に割る時には、鉈だとどうしても太すぎて対応できない場合があり、「ハンドアックス(手斧)があると良いなぁ」と思うときが何度かありました。

 Amazonにてハンドアックス(手斧)を見つけましたので、この程購入し、先日河原で焚火をして遊んだ時に使ってみました。

いろんな種類が販売されており、バイクツーリング向けのコンパクトなものもありましたよ❗️





続きを読む




 1 シンデレラフィット!サーモス保冷缶ホルダーとワンカップ



IMG_1724

(写真:サーモスの保冷温缶ホルダーとカップ酒300mlはピッタリ)

以前から冬キャンでは
熱燗を楽しんでおりまして
サーモスの保冷缶ホルダー
ワンカップなどのカップ酒の
300ml入り瓶

シンデレラフィットという
お話をさせていただきましたが
最近は自宅でもこれで
熱燗を楽しんでおります










続きを読む




 1 ワイルドワンのソロテントはコスパ抜群でした



IMG_1566
(写真:コールマンツーリングドームSTを導入)


👇長年使用していた「WILD1」の
PB(プライベートブランド)テントは
とても出来が良くコスパの高いもので
愛用していたのですが、昨年末の中国地方ツーリングで
とうとう、シームテープの劣化
水漏れするようになってしまいました
こればかりは仕方ありませんね

















続きを読む




 1 電源が取れない時の対策



IMG_0273
(写真:裏地がアルミの保温ベストと貼る使い捨てカイロの効用)

厳冬期の防寒対策としては
バイクツーリングの時には
電源ソケットを活用し
電熱ベストが活躍しております
また、動きの少ないヒイカ釣り
の時なども集魚ライト用の
大型バッテリーを使用しますので
電熱ベスト🦺の出番です




しかし、電源が取れない
キャンプやランガンを伴う
動きの多い夜釣り
徒歩での電車旅の時
電源サイトでない時のキャンプなど
長時間の使用が予定されている時は
使い捨てカイロと
保温ベストの出番となります

私の使い捨てカイロの定番の
使い方をご紹介いたします

👇足元は登山用の防寒靴下がオススメです




👇ひざ下は賛否あるかとは思いますが(笑)これ使ってます。最強かと。小雨にも強いです。










続きを読む




オイルランタンの安全性との葛藤



IMG_6686
(写真:IKEAで購入したローソク🕯型ランプ)

私、うちではオイルランタンやキャンドルランタンを灯して
お酒を楽しむのが好きなのですが
妻の人や息子たちからは
本物の火を使うと「怖い」
「火事になったらどうするのだ」と
言われます

『本物の炎だからこその雰囲気がある』
と思う私の中で葛藤がありましたが
意地になって使い続けるのも
お互い精神衛生上悪いので
最近は自宅では
ローソク型ランプを
キャンドルランタンに入れて
雰囲気を楽しむように
なってまいりました





続きを読む




キャプテンスタッグの木製3段ラック


00
(写真:キャプテンスタッグ木製3段ラック)

このほど鹿番長(キャプテンスタッグ)の
木製3段ラック(CSクラシックス UP-2504)を
導入いたしましたのでそのレポートを
させていただこうと思います


👇横幅の広いタイプもあります

続きを読む




安くなってきたダッジオーブン


00

(写真:今回導入した
BUNDOK(バンドック)のダッヂオーブン)

 

キャンプ生活を続けるににつけ

買おう買おうと思っておりました

 

ダッジオーブン

 

でも、ソロキャンプが多い私は

「ソロだと持っていかないな~」と

二の足を踏んでおりました。


しかし、安くなってきているんですよね~

以前は1万円以上もするキャンプギアで

あったのですが

最近は、送料込み2000円台で

購入できるようになって参りました

 

この程、五十路仲間たちとの

デイキャンプを実施することに

なったことを受けまして

Amazonでポチっと

BUNDOK(バンドック) ダッヂオーブン

 リッドリフター付( BD-381 4.2L)」

購入に踏み切りました

送料込みで

2980円でございました


原材料費の高騰のためでしょうか

少しお値段が上がったようです

👇


続きを読む




ダンボール窯でピザづくり


00

(写真:ダンボールピザ窯で焼いたピザ)



さてさて会社の仲間との
「愉快!痛快!!五十路オヤジの怪しいデイキャンプ大会」に置きましては
「いろいろと『初めての体験』をいたしましょう!(やさしくしてね♡)」ということで
ダンボール箱で燻製を作りました



そのほかにもピザ窯づくりにも
挑戦いたしましたのでその模様も
お伝えいたしたいと思います!

まずは、キャンプ前日
近所のホームセンターで材料の物色であります










続きを読む




SOTOの燻製セット

0006

(写真:ダンボールスモーカーで作った燻製)


会社の仲間とのデイキャンプ大会
「いろいろと『初めての体験(やさしくしてね♡)」』
いたしましょう!

ということで、いろいろとやりました!

ダンボールスモーカーによる燻製づくりにも
挑戦いたしました。

ダンボールで簡単にスモーカーが作れる
とのことで、キャンプ前日
近所のホームセンターを物色しておりましたら
SOTOの燻製セットが販売されておりました


ダンボールのスモーカー本体はもちろんのこと
燻材(さくら)、燻材を入れるアルミカップ
金網、金網を支える金具
燻製の材料を引っ掛けるフック
など
これだけですぐに燻製が楽しめるという
セットなのであります
これは便利!と購入いたしました


続きを読む




蒸れない防水手袋を探して




00
(写真:透湿防水手袋SHOWA「テムレス」)

ツーリング先での突然の雨
嫌ですね
体は上下セットの
雨合羽(レインスーツ)
足はレインカバー
頭はヘルメットで
雨を避けていました
しかし
グローブは濡れると辛い

そこで、防水手袋
購入しようと思い立ち
ホームセンターへと向かいました
でも、防水手袋といっても
どのようなものが良いのでしょう

雨の日は基本乗らないですし
あくまでも旅先で
降られたとき用ですので
あまり金もかけたくありません

続きを読む




安価で自転車キャリアに取り付けられるエコバッグ

IMG_5534
BIKEZAC(バイクザック)のCOBAGS

カゴ付きの自転車は買い物にとても便利ですがロードバイクやクロスバイク、MTB(マウンテンバイク)ですと機能や軽さ、スタイリングも大切です
なかなかカゴを付けようという気にはなりませんね

ママチャリでも『もう少し積載できればよいなぁ』という時もありますよね

そんな時は、皆さんリュックサックなどで対応しているのではないでしょうか

しかしながら普段使いのリュックはそんなにたくさん物は入りません

うちの近所のドラッグストアの自動車駐車場はいつも満車状態で、車を入れられないときもままあります。近所のスーパーやドラッグストアへ行くのは自動車より自転車の方が何かと小回りが効いて便利ですよね。

でも、クロスバイクなどで買い出しに行って、缶ビールやミネラルウォータ、特売の冷凍食品を買い占めたり、果てはボックスティッシュ5個セットなど大きめのものを運搬するのはちと骨が折れます

ハンドルにぶら下げたレジ袋が車輪に当たって盛大に破れたり、ハンドルが取られたりして怖い思いをした方もおられるのではないでしょうか


そんな悩みを解消可能な、キャリアにワンタッチで付けられるパニアバッグタイプのエコバッグBIKEZAC(バイクザック)のCOBAGSを発見し、実際に半年以上使ってみましたところ、なかなかの優れものでありましたのでご紹介致したいと思います

価格も1500円程度と安価ですので手も出やすい価格帯ですね
もちろん、普通のエコバッグとしても利用可能なのであります


デンマーク🇩🇰のコペンハーゲンからやってきた自転車用エコバッグで
ヨーロッパ発らしいシンプルで飽きのこないデザインとカラーも魅力なのであります


続きを読む




タープを素速く設置するためには




IMG_5205
タープを速く立てるためにはタープが自立するこの状態まで、いかに素速く到達できるかが勝負です
ここまでできればアトはいろいろな立て方に対応できます


スクエアタープでもヘキサタープでもポールで自立させるまでの方法は同じです続きを読む

IMG_4663
(写真:ピコグリルタイプの焚火台)

とてもコンパクトになり
ソロキャンプにもってこいの
『ピコグリル』
YouTube動画なんかで
ヒロシさんも使っていますね
本家は、バックオーダーを
抱える程で入手困難になった時期も
そんな時期
Amazonで探しておりましたら
同タイプで信じられないくらい
お安く売っているモノを
発見いたしましたので
人柱となるべく購入してみました
お値段は1500円程度でしたが
最近は人気で売り切れの
ようであります
他にもいくつかありましたので
リンクを貼っておきます

👇本家
👇類似品
続きを読む

00
(写真:「兵式飯盒」と焚火は良く似合います。う~ん無骨~♪)


 皆様は「無骨キャンプ」なる言葉をご存じでしょうか。

 軍隊用の払い下げの「パップテント」やカーキ色やダークカラーのシンプルな「スクエアタープ」をステルス張りするなどしながら、上手に利用して寝泊まりし、ナイフ一本でタープのポールから食事の道具などを切り出す「ブッシュクラフト」と「焚火での食事づくり」によるシンプルでちょっと不便を楽しむキャンプのことです。私の勝手な解釈かもしれませんが(笑)

 

 私は長距離・数日以上のツーリング時は、ガスストーブとソロテントにミニタープのスタイルが便利で、定番スタイルとして落ち着いてきたところなのですが、一通りソロキャンプを楽しんでおりますと、こうした「無骨キャンプ」にも興味が湧いてくるんですよね。

できるだけ、道具を持っていかない現地調達型のシンプルで不便なキャンプにあこがれのようなものを感じるのであります。

 

 ただ、焚火で煮炊きをすると、アルミやチタンのクッカーセットの底が煤で汚れるんですよね。「味」として、楽しむのもいいのですが、「無骨」とはちと違うような気がします。んで、購入しましたよ。お安い兵式飯盒。懐かしい。

少年のころ林間学校などで飯盒炊爨(はんごうすいさん)をしたことを思い出します。これなら、煤での汚れもまさに「味」であります。ぶら下げられるため、米を炊くだけでなくこれでお湯を沸かすこともできますし、レトルトパックを温めたりするのにもちょうど良い大きさなのであります。

内蓋は皿になります。少年時代、これで飯盒炊爨のカレーを食べたのは良い思い出であります。






続きを読む

000
(写真:金属メッシュ式の焚火台)

 

 私はこれまで、上の写真のような金属メッシュ式の焚火台を使って参りました。

収納時はコンパクトにも関わらず、組み立てると大きくなるので、キャンプ場で販売している薪はもちろんのこと、河原で拾った40センチ以上ある丸太も鉈で小さくする必要なく、そのまま焚火台に載せられるので大変重宝しており、超お気に入りでもあります。

これまで多くのキャンプでかなりの回数お世話になってきており、上部に設置するメッシュ金網がくたびれてまいりましたので、メッシュ金網購入しようと思いまして、Amazon内を検索しておりました。

 すると、現在使用している焚火台とデザインも大きさも同じながら、脚の部分が組み立て式になっており、さらにコンパクトに持ち運びが可能となった、製品「BUNDOK(バンドック) 焚火台 BD-480 収納ケース付を発見いたしました。しかも安い!

 ということで思わずポチりました。


👆冬の焚き火はこれがあると暖かさ倍増です



続きを読む


00
(写真:「SOL(ソル)ヒートシートエマージェンシーィヴィ

 

 まだまだ寒い日もあるキャンプ行でありますが、深夜テントの中で酔いも冷め、急激な冷え込みに、寒い思いをするのは本当にいやなものであります。

 シュラフだけは、少しでも良いモノを購入するのが、ベテランキャンパーであるとは思うのですが、いかんせん、結露でシュラフが濡れてしまいますと、その保温力が半減してしまうこともあります。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
☝同好の皆さんのブログが紹介されております
続きを読む

DSC_1317
(写真:掌に乗る超小型ガスストーブ)

普段のキャンプでは
焚火とアルコールストーブで煮炊きを
している私ですが
それらの予備・補助として
今回のキャンプから掌に収まるほど小さな超小型のガスストーブを導入しました





にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
☝同好の皆さんのブログが紹介されております
続きを読む

DSC_0998
(写真:寒い日のキャンプには熱燗ですね!)

私、昔は
『日本酒は純米酒を冷やで飲むのが至高』
とか言ってカップ酒を
バカにしていたのですが
「いやいやどうして」
寒いときに飲む
チンチン(名古屋弁で「めちゃんこ熱っい」という意味)に
熱した熱燗の良さに
最近気づかされました

バカは私でしたね~😅

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
☝同好の皆さんのブログが紹介されております




続きを読む

↑このページのトップヘ