名古屋発バイクツーリング~また~り日記 ~

愛車NC700Xとリトルカブで、東海地方(愛知・岐阜・三重・静岡・長野)と関西地方(京都・奈良・滋賀・大阪)を中心に名古屋発 愛知発の「ツーリング」&「釣り」&「キャンプ」を楽しんでおります。 カテゴリ別アーカイブで旅先を県別で分類できるようにしました。 旅先や名古屋周辺のオススメB級グルメ情報もございます。 使用しているキャンプギアの紹介はカテゴリ別アーカイブで「キャンプギア」を選択してください。 愛知県発 名古屋市発のキャンプ、ドライブ、ツーリング、デート、行楽、観光、釣行などのプランニング時に、参考にしていだだければ幸いです。

カテゴリ: 兵庫県




 1 神戸元町の絶品中華を味わいに



IMG_8302

(写真:『豊味園』絶品「蒸し鶏」))

神戸といえば中華街「南京町」ですね
「横浜中華街」
「長崎新地中華街」とともに
日本三大チャイナタウンの一つに
数えられています
東西約200m
南北約110mの範囲に
100あまりの店舗が軒を連ねています

店頭の路上では点心のお店
スイーツのお店
食材や記念品のお店などが軒を並べ
休日は地元の買い物客や観光客で賑わいます


実は今回訪れた中華のお店『豊味園』は
「南京町」からは近いものの
JR元町駅からほど近い
JRのガード下にあるお店です

中華街のお店の中には観光地価格の
お店がたくさんあり
長蛇の列もざらでありますが
こちらは地元の方が普段使いで来店する
格安なのに『絶品』な中華を
味わえるお店なのであります




続きを読む




 1 「明石海峡大橋」を望む『舞子公園』



IMG_8250

(写真:兵庫県立舞子公園へやってまいりました)

六甲山のワインディングを楽しんだ後は
『海』を観ようと「兵庫県立舞子公園」へと
やって参りました

ここは明石海峡大橋の本州側の端に当たる場所で
『明石海峡大橋』が大変良く見えます



👆道の駅「あわじ」(淡路島側)からの眺めはこんな感じです


👆船から望む『明石海峡大橋』


続きを読む




 1 神戸屈指の鳥瞰!摩耶山『掬星台』



IMG_8233

(写真:摩耶山『掬星台』から神戸市街地を望む))



兵庫県神戸市の六甲山地に属する
摩耶山の山頂近くにある展望広場
掬星台(きくせいだい)

手で星をすくえるほどの
息をのむ感動パノラマは
日本三大夜景の一つです

今回はそんな『掬星台』まで
「裏六甲のウンチーニ」こと
懐かしの『バリバリ伝説』の
ヒデヨシのごとく
ワインディングを膝擦りながら
(嘘です🤣安全運転です)
参上して参りました
👇参考画像
FullSizeRender





続きを読む




 1 平安時代から約1300年の歴史をもつ温泉

01
(写真:目的地近くの「久美浜」の静かな海)



 以前兵庫県の号泣カラ出張の議員に
「100回も出張で往復した」と

言わしめた
『城崎温泉(きのさきおんせん)』

この一件で

にわかに注目されて

しまいましたが
平安時代から約1300年もの

歴史をもつ素晴らしい温泉

なのであります

そのため、城崎の街も

古くからの建物や風景の残る

風光明媚なとても良い
ところであるとのこと

かねがね

「一度行ってみたい」と
思っておりました


 

道中、福井県は三方五湖の
「ドライブインよしだ」で
名物「イカ丼」を食した後

舞鶴若狭自動車道へ

ガソリンスタンドのおじさんに
「1車線の自動車道だから使っても
あまり変わらないよ~」と
言われたのですが、

少し早目に着いて

温泉街を散策したいと
思いましたので
そのまま有料道路を使います。


京都縦貫自動車道(綾部宮津道路)に
乗り換えて、天橋立方面へ向かい、
引き続き、山陰近畿自動車道の無料区間を走り、京丹後大宮インターで降りた後は
下道、国道312号線をひた走ります








続きを読む




 1 旅の締めくくりは「明石海峡大橋」


00

(写真:明石海峡大橋)

 

 新門司港から出向したフェリー
「おおさかⅡ」船上で朝を迎え
中国地方横断・九州1周ツーリングも
最終日の5日目とあいなりました。

 船旅の様子につきましては、
後日まとめてご報告いたしたいと
思いますが、なかなか快適な
旅でございましたよ。

 6時に目を覚まし、展望風呂で
汗を流してすっきりしてから、
甲板に上
がりますと、正面遠くに、
明石海峡大橋が見えてまいりました。





続きを読む




 1 「淡路島名物」を堪能できる食堂「太陽亭」



IMG_0689
(写真:『太陽亭』さんの『島ラーメン』)

さて、せっかく淡路島まで参りましたので
地元の名産を味わいたいと思います

『淡路島』といえば
玉ねぎ、タコ🐙、新鮮な魚介類、淡路牛🐂などが有名かとおもいますが、そうした淡路島の名物をいただけると評判の『太陽亭』さんに立ち寄らせていただきました。









続きを読む




 1 高田屋嘉兵衛のふるさと『淡路島』



IMG_0648

(写真:高田屋嘉兵衛とゴローニン像=日露友好の像)

作家司馬遼太郎に江戸時代で一番偉い日本人と言わしめた
『高田屋嘉兵衛』
また、この時代で「世界に通用する日本人でもあった」と
言及されています


司馬遼太郎はこの人物に惚れ込み
作品「菜の花の沖」をかきあげました

高田屋嘉兵衛とは
どんな人物だったのでしょうか
ここ、『淡路島』は
高田屋嘉兵衛のふるさとであり
「高田屋嘉兵衛顕彰館」でその人生を
知ることができます



続きを読む




 1 明石海峡大橋の根元にある道の駅



IMG_0630

(写真:道の駅『あわじ』から望む『明石海峡大橋』)

次に訪れたのは『明石海峡大橋』を
眼前に望むことができる
道の駅『あわじ』であります




👇私、旅にはツーリングマップルを活用しております。ツーリング向けの道路が国道だけでなく、県道などでも「太く」、「色を付け」て表示されているので「どのコースで目的地まで行くのか」を考えるのにとても便利です。「道中の景色もライディングも楽しみたい」ですからね。




続きを読む




 1 青い風切って走れ『淡路島』へ



IMG_0606
(写真:淡路SAから望む『明石海峡大橋』)

あ〜あおい~かぁぜ〜♫
きぃ~ってぇ♪~はしれ〜♪
『淡路島』へ〜♪
(『青い珊瑚礁』の節で)

という訳で、替え歌を歌いながら
関西旅行第2日は
淡路島へドライブすることといたしました










続きを読む




中国地方ツーリング最終日



IMG_7428
(写真:山陽路名物『うかいや』さんのホルモンうどん)

中国ツーリングもとうとう
最終日になってしまいました
本日は名古屋まで500キロの道のりを
帰る旅です
ま、初日の680キロに比べたら
楽勝ですな!
安全運転で参りたいと思います!







続きを読む

IMG_2381
(写真:日本一低いところにある分水界)
日本の分水界で1番低いところがここ『石生の水分れ(いそうのみわかれ)』と呼ばれる兵庫県丹波市にあります。
 高谷川の右岸を通ってこの地点までの約1,250メートルの間が最も低いところとなっており、標高約95.45mの低さとのこと。
 この分水界の北側は由良川を通って日本海側へ、南側は加古川を通って瀬戸内海へと流れていきます。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
☝同好の皆さんのブログが紹介されております
続きを読む

00
(写真:宝塚の手塚治虫記念館で開催されている「ニャンコ展」を観てまいりました)

秋休みの娘が神戸に遊びに行きたいと言い出しましたので日曜日に日帰りで行ってまいりました。
私も手塚治虫記念館で開催されている「手塚治虫のニャンコ展」を観たかったですし、娘も漫画好きですのでちょうどよかったです。




続きを読む

↑このページのトップヘ