名古屋発バイクツーリング~また~り日記 ~

愛車NC700Xとリトルカブで、東海地方(愛知・岐阜・三重・静岡・長野)と関西地方(京都・奈良・滋賀・大阪)を中心に名古屋発 愛知発の「ツーリング」&「釣り」&「キャンプ」を楽しんでおります。 カテゴリ別アーカイブで旅先を県別で分類できるようにしました。 旅先や名古屋周辺のオススメB級グルメ情報もございます。 使用しているキャンプギアの紹介はカテゴリ別アーカイブで「キャンプギア」を選択してください。 愛知県発 名古屋市発のキャンプ、ドライブ、ツーリング、デート、行楽、観光、釣行などのプランニング時に、参考にしていだだければ幸いです。

カテゴリ: 滋賀県




 1 大安インターが開通しアクセス至便なキャンプ場



00
(写真:芝生が広くて気持ちがいい『黄和田キャンプ場』)


 滋賀県の国道421号線沿いにございます
「黄和田キャンプ場」のご紹介であります
続きを読む




 1 『立木観音』様こと『安養寺』へお参りに



IMG_5213

(写真:『立木観音』の駐車場)

滋賀県大津市の石山本願寺から
瀬田川沿いを走る
国道422号を琵琶湖から
2キロメートルほど
遡ったところにある
立木山「安養寺(あんようじ)」
琵琶湖国定公園エリア内に
位置しております

聖観世音菩薩をご本尊とし
通称『立木観音』として知られている
浄土宗の寺院であります

お寺の名前よりも『立木観音』の方が
名前が通っていますね



いつも京都方面へツーリングに行くと
国道沿いにあるこの観音様が
気になっておりましたので

このほど、京都ツーリングの帰りに
立ち寄りました

続きを読む




1 矢崎帰帆島キャンプ場へ



00


(写真:矢崎帰帆島キャンプ場「受付」の前にテントを張りました)

 

 京都一乗寺の最奥にある
『狸谷山不動院』のお不動様の
特別開帳を目当てに
京都からほど近い滋賀県草津市の
琵琶湖畔にあります
格安キャンプ場「矢崎帰帆島キャンプ場」で
野営をしてまいりました。

 
同キャンプ場があります
矢崎帰帆島は大津から北上し
草津市に入ってすぐ
近江大橋の北側の
琵琶湖畔にある島であります










続きを読む

000

(写真:紅葉も盛りの「百済寺」)

滋賀県、琵琶湖の東側に位置する
「西明寺」、「金剛輪寺」、「百済寺」の
三つの天台宗寺院は
湖東三山(ことうさんざん)と
呼ばれております


以前、新緑の美しい季節に
鈴鹿峠を越えて
リトルカブで三山を
急ぎ足で回りましたが


今回は紅葉の撮影へと
行って参りました
つぎに訪れたのは
「百済寺」であります



続きを読む




1 湖東三山の一つ「金剛輪寺」

0000

00

000


(写真:湖東三山の1つ「金剛輪寺」にて)



湖東三山の一つ
「金剛輪寺(こんごうりんじ)」

行基によって開かれたこの寺の本尊は聖観音
山号は松峯山(しょうほうざん)
地名からは松尾寺とも
よばれております

最近は近くに
「湖東三山スマートIC」も
できましてアクセスも
とても便利になりました

琵琶湖の東
鈴鹿山脈の西山腹に位置し
車、バイクでのアクセスにも
大変便利なお寺でなのであります

ここもまた「紅葉」の名所で
拝観料は600円です。

カメラ片手に訪れたい
オススメの古刹であります









続きを読む




米原駅から徒歩7分!滋賀の名勝『青岸寺』庭園



IMG_8147


(写真:夕日を浴びる名勝「青岸寺庭園」の紅葉)

最近よく旅に
付き合ってくれる娘は
今朝から九州へと修学旅行

私も早朝に起きて
名古屋駅まで
送って参りました

その後喫茶店でひとりモーニング
施設の母親のところの顔を出してから
公園を散策と
久しぶりにのんびりとした午前中を
過ごすことができました

午後はパートを終えた妻の人と
「久しぶりに2人でどこかいこうか」
というお話になりましたので

ちょうど先日、友人が訪問し
「なかなか良かった」と
言っておりました
滋賀県の名勝「青岸寺庭園」へと
参上することといたしました


寒くなりましたので
お風邪など召さぬよう
暖かくして行って下さいね




👆電熱ベストのレビューと使用上の注意点などをまとめました





続きを読む




体験型農業公園「アグリパーク竜王」


妻の人との午後からの
週末ドライブ
滋賀県竜王にあります
「道の駅『アグリパーク竜王』」へと
やって参りました
果樹と体験農園を中心とした
観光型の農業公園です

IMG_6194
(写真:ラベンダーが咲く道の駅「アグリパーク竜王」)

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
👆記事がお楽しみいただけたり
お役にたてましたら
1回押していただけると嬉しいです








続きを読む




鈴鹿山脈を越え近江ツーリングへ!



IMG_5878
(写真:鈴鹿スカイライン)

週末は雨の予報だったのですが
昼は何とかもちそうだったので
NCさんと共に
鈴鹿スカイラインで武平峠を超え
滋賀県は近江地方への
ツーリングへ出かけてまいりましたっ!
続きを読む

IMG_4227
(写真:本丸からの長い坂を下りて城下町へと向かいます)

彦根城の見学を終え、長い坂を下り
次は城下町へと向かいます
城下町へは「大手門」を通り「大手門橋」を渡って向かいます




続きを読む

IMG_4221
(写真:建築当時のままの姿を今に残す「彦根城」)

さて、次は彦根城へと向かいます
先ほどの、庭園「玄宮園」と合わせて
入場料は800円でございます

『彦根城』は慶長9年から工事が始まり
20年もの長い歳月をかけて
完成したお城だそうです。
完成当時は三重の堀に囲まれていたそうですよ

石垣、建築共に当時の面影を色濃く残しており
国宝にも指定されている
とても立派なお城です







続きを読む

IMG_4189
(写真:『玄宮園』から彦根城を望む)

今日から3回にわたって彦根城と
その周辺をご紹介しつつ
『彦根散策』をお送りします


まずは『玄宮園』
彦根城北側にある
池泉回遊式庭園で
国の名勝に指定されています

4代藩主井伊直興が延宝5(1677)年
中国にあります「瀟湘八景」を模して
造り上げたものだとのこと

また隣接する茶室を備えた『楽々園』は
玄宮園とともに彦根藩4代藩主井伊直興が
建立した彦根藩の二の丸御殿で
正式には「槻御殿」と呼ばれていました。

現在は、建物部分を「楽々園」、庭園部分を「玄宮園」と
呼んでいます。



👇彦根城、玄宮園、竹生島までの往復船賃セットで3300円のお得なチケットがあります



続きを読む

DSC_0237
(写真:「お多賀さん」の名で親しまれる滋賀県第一の大社「多賀大社」)

 伊邪那岐命(イザナギノオオカミ)
・伊邪那美命(イザナミノオオカミ)を
お祀りする神社です。
「古事記」によりますと
この両神は太古の昔
初めて「夫婦」となられ
日本の国土と天照大神を
はじめとする八百万の神々を
お産みになったと伝えられています。




にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ



続きを読む

DSC_0216
(写真:お昼は近江八幡にある「市(いち)」さんで近江名物をいただきました)

『近江ローカル線の旅』で訪れた「近江八幡」
近江のご当地グルメを堪能できるということで
昼食は「居魚屋 市(いち)」さんでいただくことといたしました。








続きを読む

DSC_0160
(写真:近江商人の街、近江八幡へ行って来ました。)
今日は電車で滋賀県近江地方へ遊びにいって参りました。
JRで米原へ行き、そこから近江鉄道で近江八幡へと向かいます。



にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ



続きを読む

00
(写真:ソース焼きそばにミートソースがかかった「イタリアン」)

 

 竹生島から長浜へと戻ってきた私ですが、昼食は、長浜名物「イタリアン焼きそば」と「ホワイト餃子」の両方を楽しめる「茶しん」さんに立ち寄らせていただきました。
 長浜は「黒壁スクエア」や「海洋堂のフィギュア館」などがあり、以前からよく立ち寄る場所でもありますが、今回ココは初参上であります。

 長浜で創業150年という老舗の軽食屋でありまして、ソース焼きそばにミートソースが掛かった「イタリアン焼きそば」と全国区の揚げ焼き餃子であります「ホワイト餃子」が両方楽しめるお店となっております。

 ホワイト餃子は名古屋の植田でも食べられますが、「イタリアン焼きそば」は初めてであります。楽しみです。


続きを読む

000
(写真:宝巌寺(ほうごんじ)本堂前の梅が美しかったですよ。)

滋賀県は長浜市、琵琶湖の北、湖岸から6㎞離れたところに浮かぶ、周囲2㎞の小さな島、「竹生島(ちくぶしま)」。

「神が住む」と言われ、古来より、この地に住む人々の信仰の対象でありました。

地元、小谷城を居城とした浅井家や豊臣秀吉とも所縁の深い島でもあります。長浜から程近いところにある小谷は、織田信長の妹「お市の方」が浅井長政に嫁いだ土地であり、NHKの大河ドラマ「江」でも取り上げられた、「茶々(後に豊臣秀吉に嫁ぐ「淀君」)」、「江」、「初」の浅井3姉妹を生んだ地でもあります。

また、長浜には羽柴(豊臣)秀吉が築いた長浜城もあり、まさに歴史街道と言われる土地柄でもあります。

3月のうららかなある日、天気も良く、バイクで長浜港へと向かい一路「竹生島」を目指しました。

続きを読む

00
(写真:道の駅「竜王かがみの里」)

 

 次男が自転車レース「エールコーポレーションカップ 守山野洲川クリテリウム」に参加するため、トランポ担当で同行した滋賀県近江地方。帰りに飯でも食おうと立ち寄ったのが、竜王町であります。

竜王は、源義経、幼名「牛若丸」が元服した地とも言われておりまして、いわゆる、武士が大人になる儀式「元服式」を体験することができるのだとか。

ちょうど、竜王町では義経が元服したといわれております、3月に毎年元服式を行っているそうで、13歳以上ならば、男女を問わず参加できるとのことであります。

そんな、竜王町にあります道の駅「竜王かがみの里」でありますが、滋賀県内を名神高速道路と平行して走る国道8号沿いにある道の駅で、東山道・中山道の宿場「鏡の宿」があるところに位置いたします。

続きを読む

↑このページのトップヘ