名古屋発バイクツーリング~また~り日記 ~

愛車NC700Xとリトルカブで、東海地方(愛知・岐阜・三重・静岡・長野)と関西地方(京都・奈良・滋賀・大阪)を中心に名古屋発 愛知発の「ツーリング」&「釣り」&「キャンプ」を楽しんでおります。 カテゴリ別アーカイブで旅先を県別で分類できるようにしました。 旅先や名古屋周辺のオススメB級グルメ情報もございます。 使用しているキャンプギアの紹介はカテゴリ別アーカイブで「キャンプギア」を選択してください。 愛知県発 名古屋市発のキャンプ、ドライブ、ツーリング、デート、行楽、観光、釣行などのプランニング時に、参考にしていだだければ幸いです。

カテゴリ: 静岡県




 1 日本の優れた土木技術も歯が立たない?!


00

長野県上田市から静岡県浜松市に至る
一般国道「国道152号線」
かつての「杖突街道」と
「塩の道」として東海から信州へ
塩を運搬した「秋葉街道」に沿った国道です

しかし、この国道は実は今日でも
「青崩峠(あおくずれとうげ)」と
「地蔵峠」の2箇所に車両交通不能区間があり

それらを迂回するための幅員の狭い
「酷道」分部を通過しなければならず
大型車が一気通貫で通行することが
不可能な国道となっています

そのため、現在、静岡県・長野県の山岳地帯では
並走する「三遠南信自動車道」が
一部供用されていますが
こちらもとぎれとぎれの供用で
いつ完成することやらという感じ

さっきまで、林道を走っていたと思ったら
高速道路級の「三遠南信自動車道」がいきなり
山の中に出現するのにも驚かされたりします

実は、この国道152号線の未開通区間の
「地蔵峠」と「青崩峠」は、中央構造線の
地盤が脆く崩れやすい部分に位置しており
トンネルを掘ることが大変難しい場所なのだとか

そのため、原状でも
未開通区間が存在するのであります

私は「日本の土木技術はすばらしい」と
常々思っているのですが
そんな技術をもつ我が国の道路でも
まだこんなところも存在しているのですね


国道152号線のルートは
青崩峠を迂回するため
過去に、東側の兵越峠(ひょうごしとうげ)の下を
通過するルートが設定されたことがありました

その時に152号線から大きく東へカーブを描く
「草木トンネル」が建設されました

しかし、その後、兵越峠の地盤の脆弱性も判明し
結局、現在の青崩峠西側を通るルートに
変更されたのだとか


現在、大型以外の車両は
この「草木トンネル」を通って
東側に隣接する兵越林道を
使用することにより
迂回することが可能となっております

今回は、この「草木トンネル」ルートで
「青崩峠」の東側に隣接する
「兵越峠」を通過する兵越林道を通って
静岡県側から長野県側まで
「酷道峠越え」をしてみようと思います。









続きを読む




 1 ゆるキャン△の聖地『奥浜名湖展望公園』


00

(写真:「奥浜名湖展望公園」からの眺め)

リトルカブで浜名湖へツーリング
してまいりました
県道323を北上し舘山寺方面へと向かいます

この県道323は浜名湖の上を走っており
まるで水の上を走っているような気持ちになります
「気持ちいい~!」


舘山寺から気賀へ抜け
天竜浜名湖鉄道を右手に見ながら
湖岸沿いを西へ走っておりますと
「奥浜名湖展望公園」という看板を見つけました

実はここキャンプ漫画
「ゆるキャン△」で出てきた
展望台なのであります









続きを読む




 1 浜松餃子の雄「石松本店」


00
(写真:丸く盛り、真ん中に茹でもやしが特色の『浜松餃子』)
スズキ歴史館の見学を楽しんだ後は
浜松グルメを楽しみましょう!






浜松のグルメは「うなぎ」の他
「牡蠣かば丼」などがありますが、
本日のターゲットは事前に決めておりました
「浜松餃子」であります!


歴史館近くの有名店「喜慕里 (キボリ)」の前に
行きますと、開店前だというのに既に
大勢のお客さんが並んでいました。

今日は夕方までには
名古屋に帰らないといけないので
「喜慕里 (キボリ)」さんは諦め
もう一つの人気店「石松本店」に向かいます







続きを読む




 1 スズキの系譜を一堂に『スズキ歴史館』


00
(写真:スズキ歴史館)

豊橋シーパレスで一泊の研修合宿
折角ここまで来たので午前中で解放される翌日は
豊橋近くの観光とグルメを楽しもうと
思い立ちました。

「近くに面白そうなところは?」と
検索しておりますと、電車で豊橋駅から
30分程度で行けそうなところに
スズキ歴史館が見つかりました。
その近くはご当地グルメでお馴染み、
「浜松餃子」の人気店「喜慕里」も
あるようです。よし、ここに決定!






続きを読む

00


(写真:富士山ツーリングにて「NCさんと富士山と本栖湖」)

 という訳で、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 今回は

 『富士山周辺でキャンプを!』


 と一路バイクを静岡県へと走らせました


続きを読む

00
(写真:水揚げ直後の新鮮で姿も美しい『生しらす』獲れたては本当に「透明」ですね!)

 

 「青春18きっぷグルメ旅」で、当日、漁がなかったために食べられなかった用宗港の『生シラス』をリベンジしようと、禁漁期間が明けた3月末に再び静岡を訪れました。


 当日の朝、用宗漁協に電話を入れると、「獲れるかどうかはわかりませんが、今日は出漁しますよ。」とのお返事を聞き、青春18きっぷで再び参上することと、あいなりました。





続きを読む




 1 沼津魚河岸「丸天」富士店へ


FullSizeRender
(写真:「丸天」さんの真いわし御膳(1,320円)

静岡の人気海鮮店 魚河岸「丸天」さん

いつもは、沼津の魚河岸本店に参上するのですが
今日は静岡の義理の両親の家にベッドを持参するために
やってきましたので、軽く富士山までドライブした帰りに
「富士店」で海鮮を楽しもうということになりました









続きを読む




1「ドーナツ?」「それともチョコレートパン?」



IMG_8927
(写真:静岡駅のキヨスクでワゴンで販売されていた『ようかんパン』)


私の妻の人の出身地でもあり
私も学生時代を過ごした静岡県

先日、立ち寄った静岡駅の新幹線キヨスクで
ワゴンに積まれて販売されていました
『ようかんパン』が目に留まりました


「ドーナツ?」 「それともチョコレートパン?」

この『ようかんパン』を昭和35年(!)に
製造開始した富士市にあります富士製パンさんの
HPにもございますが
パンの上にかかっているのは
チョコレートではなく
『ようかん』
なのであります

私の生まれる前から50年に以上にも
渡って静岡県民に愛され続けている
ロングセラーのパンであります










続きを読む




本田宗一郎ものづくり伝承館


02

(写真:カブの生みの親「本田宗一郎」の博物館「ものづくり伝承館」前にて)



愛車リトルカブでのツーリングに
行こうと思い立ちました


行先はカブの生みの親
「本田宗一郎」の博物館
「ものづくり伝承館」であります
カブ仲間のmasaさんには
振られてしまったので
またもソロツーリングであります





続きを読む




御殿場市乙女森林公園キャンプ場へ

00

(写真:今回は常設のティピーに宿泊しました。快適でしたよ。)


次男が静岡県清水町で開催される
自転車レースに参加するため
会場からほど近い
「御殿場市乙女森林公園キャンプ場」前日入りしました

当日は強い雨風といった悪天候ではありましたが
現地につきますと我々の他にも
キャンプをしている方々がおられました

 続きを読む




浜名湖ツーリングへ出発!

000
(写真:浜名湖弁天島の鳥居と共に))

ツーリング仲間の
ハーレー乗りhiroさんから
お誘いがあり
浜名湖へと日帰りツーリングに
行ってまいりました!


01

▲①東名高速道路の東郷PAで待ち合わせ
ここ、東郷PAは先日ご紹介しました
御在所SAや浜名湖SA
と同じく「ぷらっとパーク」
外からもアクセス可能です
PAのすぐ外には「愛知牧場」もありますよ!

浜名湖SA「ぷらっとパーク」

御在所SA「ぷらっとパーク」




車検を終えたばかりの
メッキ部品ピカピカのハーレーで
爆音とともにhiroさん登場

音羽蒲郡で高速を降りて
つまらん1本道ではありますが
国道1号を浜名湖方面へと向かいます
まずは、途中にあります
「ブラックサンダー」で皆様におなじみ
「ユーラク」の「豊橋夢工場」併設の
即売所へ立ち寄るためであります

続きを読む




「沼津餃子」を知っていますか?


00
(写真:行列のできる店 沼津「中央亭」)

「幕下係長」に誘われまして、沼津「中央亭」にはるばる餃子を食べに行ってまいりました。

この幕下係長。かなりの食通でありまして、ガタイが良くがっしりしております
「クッキングパパ」のような風貌でなのであります

船乗りさんでもあるので、各地の美味いものを良く知っております


その「幕下係長」が言うには、沼津「中央亭」は「行列ができるお店」として全国に名を馳せており、「中央亭」の餃子を目当てに県外からも多くの人々が訪れるのだとか。


「中央亭」の餃子の製法は焦げ目をしっかりと付けた後は、たっぷりの湯で茹で上げるように作るため、皮は水餃子のように「もっちり」としているとのこと。



通常餃子は、ラー油ですが、そのかわりに唐辛子を油に漬け込んだ「特製からし油」をたらし、一味を振りかけて頂くのだそう。



製法からもタレからも、我々が考える餃子とはまったく別物だと思った方が良いそうです。

「うまいぞっ!是非お試しあれっ!」だそうであります。

本当に「クッキングパパ」に見えてまいりました。


話を聞いて名古屋でも老舗の名店「百老亭」や「江南」、「味仙」などで「自分へのご褒美」と称してしょっちゅう餃子を食べる私も「よだれ」が出てまいりました。


私にとりましては「たかが餃子、されど餃子」なのであります。

しかし、「餃子」ということは「ビールは欠かせません」ということで、今回は愛車リトルカブさんとNC700Xさんには少し休んでもらいまして、久々に「青春18きっぷ」で出掛けることと相成りました。





続きを読む

IMG_3488
(写真:トロトロのダシ卵がかかった『かつ皿』)

テレビ番組
『秘密のケンミンショー』などでも
取り上げられたことがあるので
ご存知の方もおられると思います

静岡県富士市の街のお蕎麦屋さん
『金時』さんの提供する
変わり種のカツ丼(?)
スプーンでいただく『かつ皿』を
食べに行ってまいりました。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
☝同好の皆さんのブログが紹介されております

続きを読む

IMG_3510
(写真:富士の樹海にある『風穴』安全のためヘルメットも用意されています)

青木ヶ原樹海

ここには、溶岩が冷えてできた洞窟であります
「富岳風穴」があります

中に入りますと、この時期でもひんやりと涼しく、
平均気温はなんと「3度!」

本日はこの風穴をご紹介します。


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
☝同好の皆さんのブログが紹介されております


👇続く続きを読む

00
(写真:星が綺麗なキャンプ場です。いくつもの流れ星を観ることができました。)

朝から天気が良かったので、「今日は富士山が観えるかも!?」と思い、妻の人との交渉を済ませ、以前イベントのため宿泊できなかった「ふもとっぱらキャンプ場」リベンジキャンプへ出かけることといたしました。

 NCさんにキャンプ道具を積み込み「いざ、出発」。天気も良く、先日までとはうって変って暖かくなってきたことを感じます。もう春はそこまできておりますな~。

 蒲郡バイパスから浜名バイパスへとバイクを走らせ、森掛川インターから新東名に乗りました。「新清水で降りて、国道52号線沿いに北上して国道300号で本栖湖へ抜けようか」などど、と考えながら走っておりますと、静岡市あたりで、少々、雲行きが怪しくなってきました。東に雨雲。

アプリで調べますと、今晩は富士山周辺「のみ」雨の予報にかわってます💦。

「これでは富士山は見えないではないですか~💦」と考え、再度ふもとっぱらは断念することとなってしまいました。2回目の断念であります。(泣)

 アプリで検索しますと、先ほど高速にのった森掛川インターから近いところに温泉付のキャンプ場を発見「ここを本日のキャンプ地とする!」ことといたしました。

続きを読む

DSC_1459
(写真:富士山を形成する世界遺産の一部となった『白糸の滝』)

半日ですが天気が良かったので
娘と『富士山』を観に行きました
静岡の學校に通っていた頃は
富士山周辺の観光地に
よくドライブに出掛けましたが
久しぶりに
近年富士山を構成する世界遺産に
登録された『白糸の滝』にも
足を伸ばしました

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
☝同好の皆さんのブログが紹介されております

続きを読む

DSC_1859
(写真:駿府城趾)

四半世紀ぶりに大学の同窓会が
開催されることになり
母校のあります静岡市へと
久しぶりに行ってまいりました。

少し早く着きましたので
静岡の街を散策しようと思います

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
👆記事がお楽しみいただけたり
お役にたてましたら
1回押していただけると嬉しいです



 続きを読む

DSC_0429
(写真:NEOPASA駿河湾沼津(下り))
 沼津にあります新東名高速道路のPA「NEOPASA駿河湾沼津(下り)」は、駿河湾を一望できる素晴らしいロケーションに建っています。
 また、夜は近くは沼津市周辺から遠くは伊豆半島の夜景を楽しむこともできる夜景スポットでもあります。

続きを読む

DSC_0406
(写真:沼津港魚市場食堂街)
静岡県の中でも比較的大きな港、沼津港は、静岡県内2位の漁獲量を誇る漁港でもあります。
そんな、沼津港には約40の飲食店、約30の土産店がひしめく「魚市場食堂街」があり広いエリアで海産物グルメが楽しめ、休日ともなると多くの観光客が訪れています。

続きを読む

DSC_0377
(写真:国道1号線のすぐ脇の街中なのにも関わらず透明度が高く美しい富士山からの伏流水が大量に湧き出る柿田川湧水群)

静岡県清水町にある「柿田川湧水群」
ここには、富士山に降り注いだ雨水が長い年月を経て伏流水となって湧き出ており
湧水量は1日約100万立法メートルを誇ります。
実に「1秒間にドラム缶70本分」もの水が湧き出る「東洋一の湧水量」です。

湧水は上水道用水にも利用され、清水町のみならず、
周辺の沼津市・三島市・長泉町の市民生活を支えています。 続きを読む

↑このページのトップヘ