名古屋発バイクツーリング~また~り日記 ~

愛車NC700Xとリトルカブで、東海地方(愛知・岐阜・三重・静岡・長野)と関西地方(京都・奈良・滋賀・大阪)を中心に名古屋発 愛知発の「ツーリング」&「釣り」&「キャンプ」を楽しんでおります。 カテゴリ別アーカイブで旅先を県別で分類できるようにしました。 旅先や名古屋周辺のオススメB級グルメ情報もございます。 使用しているキャンプギアの紹介はカテゴリ別アーカイブで「キャンプギア」を選択してください。 愛知県発 名古屋市発のキャンプ、ドライブ、ツーリング、デート、行楽、観光、釣行などのプランニング時に、参考にしていだだければ幸いです。

カテゴリ: 名古屋観光




 1 雨の大須の街を散策

IMG_7647
(写真:雨天でも多くの人々で賑わう『大須』)

梅雨明けしたとのことでしたが
今週は雨ばかりの予報

せっかくの休みですが
あまり天気がすぐれません

こんな日でもありがたいのが
アーケードのある商店街
名古屋の観光名所でもあります
大須商店街へ妻の人と
出かけてまいりました




続きを読む


目次

 1 郷土の英傑「織田信長生誕の地

 2 勝幡駅前には父母と新生児の信長像

 3 勝幡城址は駅から歩いて10分

 4 地元の郷土史家の方々による手作り解説

 5 石碑は天下人の音がする?




 1 郷土の英傑「織田信長生誕の地」






00
(名古屋鉄道津島線「勝幡」駅前の「信長生誕像」)

 

 稲沢市にある我が家の墓参りへ行ったあと
寺近くの「勝幡(しょばた)」には猫の額程ですが
我が家先祖代々の土地があり
そのすぐ近くは織田信長の生誕の地だということから
弟と話が弾み、「郷土の英傑出生地だから一度観たい」
というので、ついでに寄ってまいりました



 

続きを読む




 1 豊田佐吉を助けた弟『旧豊田佐助邸』へ



IMG_2925

(写真:「文化のみち」にある

さて、名古屋市市政資料館を後にして
「文化のみち」の散策へと参ります
市政資料館はこの散策コースのスタート地点とも
なっているのであります

市政資料館から西へ「文化のみち」を
しばらく歩きますと
右手に和洋折衷の邸宅が目に入ります
『旧豊田佐助邸』です





続きを読む




 1 名古屋市市政資料館へ



IMG_2887
(写真:名古屋市市政資料館)

友人と名古屋の中心街で
二郎系を楽しんだあと
腹ごなしの散歩タイムです

久屋大通公園を北上し
官庁街へと向かいますと
レンガ造りの
立派な建物が
見えてまいります
1922年に建設された
「旧名古屋控訴院
地方裁判所区裁判所庁舎」で
現在では、
『名古屋市市政資料館』として
一般公開されています






続きを読む




 1 巨大な大鳥居がそびえる「豊国神社」



IMG_2578
(写真:地下鉄東山線「中村公園駅」前にそびえる大鳥居)


愛知県名古屋市中村区の中村公園内にある
『豊国神社(とよくにじんじゃ)』
(厳密には中村公園の敷地には含まれないとのこと)
太閤殿下こと豊臣秀吉をお祀りする神社であります

同名同字の神社は全国にございますが
名古屋中村の「豊国神社」は
豊臣秀吉の生誕地として
そして、赤く巨大な大鳥居で有名であります

本日はそんな「豊国神社」を訪れました








👆京都にも『豊国神社』はあります
(リンク参照)










続きを読む




 1 瀬戸市の「応夢山『定光寺』」へ



IMG_2444

(写真:定光寺の本堂)

「応夢山『定光寺』」
桜や紅葉の名所としても知られており
名古屋出身者だと小学生の時などに
遠足で行ったという思いでがある方も
多いのではないでしょうか

麓にはJR中央線(中央西線)の
「定光寺」駅があり
駅からお寺までのハイキングもなかなか
楽しい場所にあります







続きを読む




 1 尾張四観音のひとつ『龍泉寺』へ



IMG_2368

(写真:尾張四観音のひとつ『龍泉寺(りゅうせんじ)』)


愛知県名古屋市守山区竜泉寺にある天台宗の寺院
「松洞山大行院『龍泉寺』」


中川区荒子町の「荒子観音」
あま市甚目寺の「甚目寺観音」
南区笠寺町の「笠寺観音」と合わせ
名古屋城を鎮護する『尾張四観音』の
一つに数えられております








続きを読む




 1 織田信長の父信秀の菩提寺「桃巌寺」



IMG_2174

(写真:緑色をした桃巌寺の名古屋大仏様)


織田信行(信長の同母弟)が
父・信秀の菩提を弔うため
尾張国愛知郡鳴海荘末森村二本松に
建立したのが始まりのお寺

後に現在の松竹町に替地となった後
現在地に移されたとされています
開基は織田信秀とされており
桃巌寺の寺号は信秀の
法名「桃巌道見大禅定門」から
取られているのだとか

恵心僧都作とされる
聖観世音菩薩像をご本尊とし
信秀が所有していたと伝わる
辯天画像や
竹生島から勧請した
十五童子像を守護神として
お祀りしています

織田家の菩提寺は大須の
万松寺が有名ですね


ツーリングでお越しの方は
お寺の裏にも駐車場があります または
こちらのバイク駐輪場をご参照ください
👇







続きを読む




 1 知多半島名物「えびせんべい」



IMG_2033

(写真:『えびせんべいの里』美浜本店)


伊勢湾と三河湾に挟まれ
昔から漁業が盛んな知多半島
そんな知多半島は「えびせんべい」でも有名です
ここ「えびせんべいの里 美浜本店」では
40種類以上もあるおせんべいのほとんどを
自由に試食できる販売コーナーや
無料のコーヒー・お茶を飲むことができる
休憩コーナーもありますので
ツーリングでの立ち寄りスポットや
集合場所・休憩場所としても
もってこいの場所なのであります





続きを読む




 1 常滑の『やきもの散歩道』を散策



IMG_1920
(写真:『常滑』の『やきもの散歩道』)

運動不足のためお散歩が欠かせませんが
感染症の影響が心配されますので県外へ
でかけることは遠慮いたしまして
今日は常滑の「やきもの散歩道」を訪れました

先日は妻の人とも訪れたところですが
常滑駅の目の前ですので
散歩にもってこいの場所なのであります

バイクツーリング・乗用車で訪れるかたは
駐輪場についてはこちらをご参照ください👇





👆やきもの散歩道にあるcafe「nuu」さんについてはこちら


👆遠方から常滑へ来られる方は近くに良いキャンプ場がありますよ










続きを読む




 1 日帰りで知多半島一周ツーリングへ



IMG_1668

(写真:野間の灯台前にて)

ここ最近、寒さでバイクツーリングに
出かけておりませんでしたが

お休みをいただきました
平日の午前中
バッテリー交換をして
エンジンもスムースに始動できるように
なりまして
気分も晴れやかになりましたので
試走も兼ねて
知多半島一周の日帰りツーリングへと
出かけてまいりました



続きを読む

IMG_5093
(写真:尾張徳川家の菩提寺『建中寺』の石碑)

  尾張徳川家の菩提寺『建中寺』  

初代尾張藩主義直(家康の9番目の息子)の
菩提を弔い
尾張藩の心のよりどころとするため
第二代尾張藩主徳川光友卿が
慶安四年(1651)約5万坪の敷地に
開山した『建中寺』

本日は、ここ尾張徳川家先祖代々の菩提寺
「建中寺」を訪れました



👇岡崎にあります松平徳川家の菩提寺「大樹寺」についてはこちら
続きを読む

IMG_4548
(写真:有松の街並み)
信長の大願豪運ルート『木瓜道を行く』今回で3回目最終回は
いよいよ「桶狭間の合戦」の舞台へ参ります!

今川方、織田方それぞれの陣地となりました
砦跡などを訪ねたいと思います。

👇前回


👇前々回


👇今回の旅ではこちらのアプリを使って周遊しております。


続きを読む

IMG_3615
(写真:火災の際、延焼を防ぐため4間の幅をもたせた「四間道」)
信長の大願豪運ルート『木瓜道を行く』の第2回名は
「四間道(しけみち)」からスタートであります!

👇前回

👇今回の旅はこのアプリを活用して周遊をしております 👇名古屋観光ルートバスで行くと便利です


続きを読む

IMG_3573
(写真:今回の旅は「清洲城」からスタートです)

今回は、先般紹介しましたアプリ
『なごや歴史探訪』を活用しまして

郷土三英傑の一人
「織田信長」を攻略してみたいと思います。

織田信長が大きく躍進するきっかけ
となった『桶狭間の戦い』で
清洲城から戦場へと駆け抜けた道のりを
たどっていきます

今回は『美濃街道』をベースとした
『木瓜道(もっこどう)』です!

題して信長の大願豪運ルート
「木瓜道を行く」
早速参りましょう!!

~「信長攻略」のホームページ~


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
☝同好の皆さんのブログが紹介されております
続きを読む

IMG_4688
(写真:朝の熱田神宮の杜はとても気持ちがいいですよ♪)


~熱田神宮は東海道の湊とともに~
久々に妻の人と『熱田神宮』へとお参りに行ってまいりました
名古屋港水族館、名古屋城と並ぶ名古屋の観光名所でもあります

名古屋市南部の熱田台地の南端に位置し
古くは伊勢湾に突出した岬上に位置しており
今はひつまぶしの熱田蓬莱軒のあるあたりの
南側入口がメインの入口だったと想像されます

南側にあった港「宮の渡し(七里の渡し)」まで参道が続いておりましたが
現在は幹線国道22号線にぶった切られてしまっております
下の地図を拡大して良くみていただくと
昔の参道が七里の渡しから真っすぐ熱田神宮に
伸びていたであろうことがよくわかると思います


周辺の干拓が進み、海岸線がかなり南の名古屋港へと移ってしまった現在では目の前が海であったという面影はもうありません
「宮の渡し(七里の渡し)跡」の「常夜灯」だけが当時海であったことを物語っております


三種の神器の1つである草薙剣(くさなぎのつるぎ)を祀る神社としても知られております







👆合わせてこちらもいかがでしょう
続きを読む

IMG_4258
(写真:ナゴヤドームのすぐ近く「名古屋の」晴明神社)

平安時代の陰陽師「安倍晴明」
小説や映画でもヒーローとして
取り扱われたりしてますね。

陰陽道を統括した
安倍氏流土御門家の祖であります

そんな、晴明をお祭りする
清明神社は京都にあり
たくさんの観光客や
清明ファンを集めています👇
しかし!『名古屋にも!』
この安倍晴明ゆかりの
『晴明神社』があるのを
ご存じでしょうか。

続きを読む

639268
(写真:スマホアプリ『なごや歴史探検』)

なぜか、名古屋人の多くは
「観光するところある?」
と聞かれると
「な~んにもない」
と答えます。

これってどうしてなんでしょ?
奥ゆかしいのか?
よそ者が嫌い?
(んなことないと思うけどなぁ・・)
ただ単に地元の人間が
地域をあまり知らないのか?

魅力の無い都市ランキングで
毎年筆頭にあげられてしまうのが
「名古屋」です

「魅力にゃぁことはあらせん」
と思います。

日本一の延べ床面積と水量を誇る巨大水族館
「名古屋港水族館」

三種の神器の一つ草薙剣を祭神とする
由緒正しい大古社
「熱田神宮」

約60ヘクタールもの広さを誇り動物園、植物園、
遊園地、東山スカイタワーと見どころ満載の
「東山動植物園」

国内最大級のプラネタリウムを擁する
「名古屋市科学館」


『いっくらでも観てほしいとこあるでよぉ!
飯も美味いでよ!』(と思います)

そして、さらに
「織田信長」「豊臣秀吉」「徳川家康」の
郷土三英傑に始まり
様々な歴史上の重要人物と所縁の深い
歴史的旧跡・名所、神社仏閣、
古墳などの遺跡が多数あります。

神社仏閣の数は、京都よりも
ずっと多いのです。
「PR下手だなぁ」
と思っておりました。

毎回のように「魅力の無い街」と言われ
『これはヤバイ』と名古屋市も思ったのでしょうか
最近はこんなアプリが出ております。
『なごや歴史探検』(👆写真参照)


様々な歴史探訪のコースが
『これでもか!』
と収められており
『結構がんばったな~!名古屋市!』
と思わせる内容でした

今回はこのアプリ
『なごや歴史探検』
をご紹介いたします。

推奨機種 (令和3年8月26日現在)
端末iPhone5s以上(iOS 9/10/11)、Android5以上

👇アプリの関連ページ
~「信長攻略」のホームページ~

👇続く

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
☝同好の皆さんのブログが紹介されております


続きを読む

IMG_3358
(写真:『揚輝荘』の象徴・山荘風の『聴松閣』)

名古屋の老舗デパート『松坂屋』
その創始者伊藤次郎左衛門祐民氏が
大正から昭和にかけ構築した別邸が
『揚輝荘』です

私が子供の頃は
もっと広大な敷地であったという覚えがあります

名古屋の高台にある一等地でもあるため
一部敷地が高級マンションなどに
取って代わられるなど開発が
進んだ時期があったのだとか

そのため、現在は、南園と北園に別れており
市の文化財として大切に保存展示がされております。

特に、象徴的な「聴松閣」は
各部屋に趣向が凝らされており
当時の建設様式を目の当たりにできる
大変興味深く貴重な建物なのでございます。

ご紹介したい箇所がたくさんありまして
今日はいつもより写真多めになります。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
☝同好の皆さんのブログが紹介されております

👇続く続きを読む

IMG_3289
(写真:面ノ木ピットには無料で利用できる休憩キャビンが5棟あります)

再び、私の住む愛知県はコロナ感染症の
まん延防止等重点措置期間に入ってしまいました

しかしながら、休日に一日家の中にいると
気分も鬱々としてまいります💦

健康維持のためにもマスクなどの
対策をしたうえでの公園の散策などは
推奨されておりますので
基本、屋外オンリーで、人には接しない
食事はしないというルールの下
自宅で昼ごはんを食べた後、
生活用品の買い物のついでに、
県内で一番標高の高い『茶臼山高原』まで
バイクで軽く流しに行ってまいりました。

片道2時間足らずの『裏山ソロツーリング』であります。


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
☝同好の皆さんのブログが紹介されております続きを読む

↑このページのトップヘ