00
(写真:水揚げ直後の新鮮で姿も美しい『生しらす』獲れたては本当に「透明」ですね!)

 

 お久しぶりの更新であります。

 今年になって職場が異動になり、残業が増加してしまい、かなり自由になる時間がなくなってまいりました私でございまして、更新が滞っておりましたです。

 さて、昨年末のこと、青春18グルメ旅当日用宗シラスをリベンジしようと、禁漁期間が明けた3月末に再び静岡を訪れました。

 当日の朝、用宗漁協に電話を入れると、「獲れるかどうかはわかりませんが、今日は出漁しますよ。」とのお返事を聞き、青春18きっぷで再び参上することと、あいなりました。

 


01
▲①電車は用宗駅につきました。とても良い天気であります。

02
▲②用宗漁協

03
▲③漁協の前には「とれたて生しらすあります」の看板。「やった!ありつける!」

04
港へ行くと、次々に運搬船が漁場から戻ってきています。

05
▲⑤早速水揚げされた「しらす」がセリにかけられています。


06
▲⑥目の前でザルにあげられ、漁協の直売所に持ち込まれております。



07
▲⑦つい先ほどまで駿河湾で泳いでいた水揚げ直後の新鮮な用宗の『生シラス』

08
▲⑧100グラム350円で店頭に並べられています。

09
▲⑨ワンパック200グラムで700円でありました。氷もつけてくれますが、すぐに港でいただくことにします。

10
▲⑩仲間が、ちょっといい醤油とショウガを準備してくれました。

港では11時から、格安で「生しらす丼」をたべさせてくれる、漁協直営の「どんぶりハウス」がオープンしますが、それまでは待てません。

 「どんぶりハウス」の開店準備をしているお姉さまにお願いいたしまして、「どんぶりハウス」のテーブルを使わせていただけました。感謝!

11
▲⑪「うおおおおおお!観てください!」
 ツヤツヤで美しい『生しらす』です!

そのまま食べてもまったく臭みも苦味もありません!

『これがとれたての生しらすか!?』ものすごく旨いです。

12
▲⑫薬味を添えるとまたこれが旨い!!

 いや~堪能いたしました。同行の仲間たちも大満足だったようであります。

皆様にも是非、港で水揚げされたばかりの生しらすを味わっていただきたいと思います。驚きますよ!
 漁協直営の「どんぶりハウス」開店前は、現地で飯盒炊飯して、ホカホカ炊き立てご飯で自前「生しらす丼」を作るのも良いかもしれませんね!


 後日、「どんぶりハウス」開店時にも訪問いたしました。

DSC_0446
▲注文の列と丼を受け取る列にわかれていますが、両方とも長蛇の列です。

DSC_0447
▲大盛況のどんぶりハウス

DSC_0450
▲どんぶりにはお味噌汁が付いてきます。
DSC_0448
▲「釜揚げしらす」と「マグロの漬け」のどんぶりをいただきました。これも大変おいしかったですよ!

「釜揚げしらす」もほんのりとした塩味がくせになる逸品でありましたよ。「生しらす」と合わせてご賞味あれ!







  

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

国内旅行 ブログランキングへ←読んでいただきありがとうございます。よろしかったらクリックお願いしますです(*´ω`*)