7736153428606
(写真:ひび割れた腰下クランクケース上部)


 皆様いかがお過ごしでしょうか。花粉症の方々には地獄かもしれませんが、陽気がよく暖かい日が続くようになりましたね。

本格的なバイクシーズン到来であり、会社のバイク仲間たちと「高遠の桜でも観にいこう!」とのツーリングの話で盛り上がっているところであります。



 さて、中華エンジン換装後の定期報告。
 今回が突然の報告最終回となります。

 

 







先般、通勤にツーリングにと大活躍してくれております「リトルカブ」が中華エンジンに換装以来、11,00キロを突破いたしましたことをお知らせしたばかりでありましたが、とうとうエンジンが逝ってしまいました。

3月30日、昨年度最終日の通勤の帰り道に、エンジンに異音発生。
 まるで、マフラーが外れてしまったかのような大音量が響きました。

 赤信号で止まった時にエンジンも見ますと、エンジン腰下部分、クランクケース上部に大きなひび割れが発生してしまい、「ブシュワ~!」と「ふなっしーのなし汁攻撃」のごとくオイルが吹き出しております。


 エンジンは止まらなかったので、何とか、自宅まで帰ったのですが、とうとう寿命を迎えてしまいました。

初めて、発電機のカバーを拝見したときにも感じたことですが、中華エンジンブロックはどうも日本製よりも薄いのではないでしょうか。

エンジン本体のひび割れとなりますと、もうどうにも。。。お手上げであります。

昨年3月にエンジンを約4万円で購入し、換装以来、約1年間、しっかりと1000キロ以内でのオイル交換を含めメンテナンスをしてまいりましたが、12,000キロメートルを目前にしてとうとうエンジンブロック自体が壊れてしまったというわけです。

この一年、中華エンジンを楽しませてもらいましたが、さすがにエンジンブロック本体のひび割れはどうしようもないですね。

金もないですし、家族の理解も含め、しばらく、カブのない生活を送りそうな感じです。
 しばらくは通勤もツーリングもNCさんに頼り切りですな。

カブの方は、できるだけ安い車体かエンジンを物色してまいりたいと考えております。

   では締めくくりに一言。わかってはおりましたが

  『中華エンジンは耐久性に難あり』

 

391664
▲エンジン腰下の上部にひび割れが発生してしまいました。


※過去のリトルカブ関連のネタ、中華エンジンについてはコチラにインデックスを張ってあります。

  

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

国内旅行 ブログランキングへ←読んでいただきありがとうございます。よろしかったらクリックお願いしますです(*´ω`*)