00
(写真:30,539キロを示すオドメーター)

 中華エンジン換装後の定期報告であります。

 

 皆様いかがお過ごしでしょうか。最近は暖かくなってきまして、いよいよバイクシーズン到来という感じでありますね。

さて、本日の通勤で、オドメーターは30,539㎞を示すに至りました。

中華エンジンに換装した時にはちょうど19,500キロでしたので、エンジン換装以来、11,00キロを突破いたしたことになります。

 

インマニからの2次エアの吸い込みをなくしたところ、かなりエンジンの調子が良くなりました。少々寒い朝も、キック1、2発で始動してくれます。

 

しかし、最近ですが、エンジンからのオイル滲みが悪くなってきたのか一晩で1、2滴のおもらしをするようになってきました。

 場所は、腰下とシリンダの間からだと思われるんですが、なかなかバイクを弄る時間がなく、「オカルト」ではありますが、Amazonで評判のよかった「オイルリークストッパー」をオイル交換と同時に入れて、様子をみてみることにいたしました。
 私が使用したのは、日産のオイルシーリング剤のOEM版の方であります。
 オイル交換時に12:1くらいの割合でオイルに混ぜて撹拌し、オイルと一緒に入れるだけでありますので簡単であります。
 バイクには推奨されておりませんでしたので、あくまで自己責任ではありますが、効果が楽しみであります。

 

01
▲先日、30,000万キロのキリ番を過ぎたばかりです。

02
03
04
▲オイル交換と同時にオイルルークストッパーを使ってみましょう。自動車専用ですので、あくまでも自己責任であります。



※過去のリトルカブ関連のネタ、中華エンジンについてはコチラにインデックスを張ってあります。

  

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

国内旅行 ブログランキングへ←読んでいただきありがとうございます。よろしかったらクリックお願いしますです(*´ω`*)