00
(写真:菅生神社)

平成30225日日曜日、奥さんが愛知県岡崎市康生町にある「菅生神社(すごうじんじゃ)」へお参りしたいというので行ってまいりました。

ここ、「菅生神社」で毎年夏に行われる菅生祭は、5月の能見神明宮大祭、9月の岡崎天満宮の例祭とともに岡崎三大祭の一つに数えられ、岡﨑市民にはなじみの深い神社で、岡﨑公園と岡崎城のすぐ隣にあります。

春日井市にあります、「内々(うつつ)神社」と「内津妙見寺」も以前にリポートさせていただきましたが、この「菅生神社」も日本武尊が建立したと伝えられる岡崎市最古の神社なのであります。愛知県にはこうした日本書紀関連の言い伝えのある神社が良く見受けられますね。

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

国内旅行 ブログランキングへ←読んでいただきありがとうございます。よろしかったらクリックお願いしますです(*´ω`*)


01

▲①神社の目の前を流れる「乙川(菅生川)」

菅生祭りでは、「乙川」に提灯を掲げた船が浮かべられ、金魚花火や手筒花火が奉納されます。

02
▲②橋を渡った先には名鉄「東岡﨑駅」があります。

03
▲③菅生神社全景。目の前の通りは家康の幼名「竹千代」の名前が冠された「竹千代通り」と呼ばれています。

04
2対のこま犬さんがにらみをきかしております。

05
▲⑤御手洗場

06
▲⑥無患子の木

07
▲⑦慰霊社

08-208

▲⑧徳川家のおひざ元らしくノボリには徳川の家紋が描かれていますが、神社には織田家の家紋も見られます

09
▲⑨こま犬さん

10
10-2
▲⑩社務所。ここで御朱印をいただきました。時期によってはカラフルな御朱印をだしてくれるときもあるそうです。

11-1
11-2
▲⑪この楠は願いが叶う「パワーの木」だそうです。確かに力強い生命力がビシバシ伝わって参りました。

12
▲⑫菅生神社開運稲荷






にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

国内旅行 ブログランキングへ←読んでいただきありがとうございます。よろしかったらクリックお願いしますです(*´ω`*)