00
(名古屋鉄道津島線「勝幡」駅前の「信長生誕像」)

 

 正月に名古屋に帰郷した弟が墓参りをしたいというので、稲沢市にある我が家の墓へ行った時のこと、寺近くの「勝幡(しょばた)」には猫の額程ですが、我が家代々の土地があり、そのすぐ近くは織田信長の生誕の地だということから話が弾み、「郷土の英傑出生地だから一度観たい」というので、ついでに寄ってまいりました。

 


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

国内旅行 ブログランキングへ←よろしかったらクリックお願いしますです(*´ω`*)

01
▲①名古屋鉄道津島線「勝幡」駅、ココから信長生誕の地「勝幡城跡」は歩いて10分程のところにあります。

勝幡駅前には、父織田信秀と土田御前に抱き抱えられた、生まれて間もない信長像が建っていました。

02
▲②織田信秀と土田御前に抱き抱えられた誕生直後の信長像

03
▲③勝幡城跡地石碑

04
勝幡城跡地解説版

05
▲⑤地元の郷土史家の方々が取りまとめた解説も設置されています。

06
▲⑥石碑を叩くと良い音がするそう。

07
▲⑦どうやらこれで叩くようですね。

 カーンと良い音がしました。天下人の音でしょうか。

 かなり質の良い、硬質な石でできているようです。

 地図をご覧になるとわかると思いますが、ここ勝幡の地は、信長の祖父信定が「天の利」、「地の利」、「和の創造」を実行する拠点と定め、津島港と尾張国府(稲沢市)の松下とを三宅川で往来し、尾張西部を手中にします。

その後、信長の父、信秀が津島を拠点として、勢力を拡大。巨万の富を使って「尾張の雄」となりました。跡を継ぐ信長は1534年5月に誕生し、「うつけ」などと呼ばれていましたが、それにより、情報を万人からもらい「天下人」となったとのことです。

 名古屋周辺は、「信長」、「秀吉」、「家康」の郷土三英傑の出身地、調べると意外に身近な場所に、所縁の場所があるかもしれませんね。