1 日本三大名園「兼六園」


IMG_6319
(写真:兼六園の「徽軫(ことじ)灯籠と霞ヶ池」

我々の北陸旅行
金沢で美味い酒と肴の夜を過ごし
翌朝は日本庭園
「兼六園(けんろくえん)」へ

広大な敷地の広さは約11.7ヘクタール
加賀藩によって金沢城の外郭に
造営された「大名庭園」を
起源とする江戸時代を代表する
池泉回遊式庭園で
岡山の「後楽園」
水戸の「偕楽園」と並んで
日本三名園の1つに数えられ
国の特別名勝に指定されています

 『ミシュラン観光ガイド』でも
最高評価の3つ星に選ばれた
日本を代表する素晴らしい庭園
なのであります



👇今回の北陸旅行は富山・石川を散策しております


👆その他の金沢の街歩きについてはコチラをご覧ください


👆金沢での昼食は古い油商店を改装したここで台湾料理をいただきました



👆金沢の古い町並みが残る「ひがし茶屋町」についてはこちら


👆富山県の「氷見の街」につきましてはこちらをご覧ください


👆富山県「氷見魚市場食堂」


👆富山県「高岡」についてはこちらをご覧ください

 2 琴柱をイメージさせる「徽軫灯籠」


『兼六園』の名は松平定信が
『洛陽名園記』から引用

宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望の
6つの景観を兼ね備えていることから
命名されました





IMG_6314

入園料320円を支払い園内へ


IMG_6313

チケットとパンフレット



IMG_6318
「徽軫灯籠(ことじとうろう)」

霞ヶ池の北岸に位置する灯籠
兼六園を代表する景観ですね

脚が二股になっており
琴糸を支える琴柱に似ていることから
こう呼ばれるようになったそうです

高さ2.7メートルの灯籠の脚は
長さが異なります



 3 兼六の一つ「眺望」を楽しむ




IMG_6323

眺望台からの眺め
遠くに砂丘まで見渡せとても良い長めです




IMG_6326

唐崎松
霞ヶ池に面して立つクロマツ
13代藩主斉泰が
近江八景の一つである琵琶湖畔の唐崎から
種子を取り寄せて育てたもの



IMG_6332
七福神山

自然石を七福神に見立てて配しています


 4 大きな根の姿が素晴らしい「根上松」



IMG_6338

根上松

兼六園名物の一つに数えられる
高さ約15mの黒松

大小40数本もの根が地上2mにまでせり上がった
迫力の奇観を呈しています

この松は、13代藩主・前田斉泰(なりやす)
が土を盛り上げて若松を植え
成長後に土を除いて根をあらわにしたものだと
伝えられています

兼六園のお庭の木々は
長い年月を経て大きく成長し
庭自体のスケールの大きさに貢献していると
感じました


IMG_6341

日曜日でしたが、朝一番に訪れたので
人もおらず、静かな庭を拝見することができました

早朝の訪問がオススメであります



IMG_6343

IMG_6348

 5 人工の山「栄螺山」からの眺め格別



IMG_6353

松尾芭蕉のが金沢で詠んだ句
「あかあかと日は難面もあきの風」の
句碑



IMG_6358
梅の実がなっていました
梅の名所としても知られている庭園です
梅の他にも桜・紅葉の名所でもあり
「日本さくら名所100選」にも選ばれています


IMG_6360

四季それぞれに趣深い表情を魅せてくれる
庭園です

季節ごとにさまざまな表情を見せるが、特に雪に備えて行われる雪吊は冬の風物詩となっている。


IMG_6362

様々な花も咲いています



IMG_6366

霞ヶ池

霞ヶ池を広げた際その土で造営した
サザエの形をした
栄螺(さざえ)山に登ってみます




IMG_6371

栄螺山からの眺め
本当によく考えられている庭園です




IMG_6387

園の西側には茶店が並びます



IMG_6388

ここ「兼六園」は金沢市の中心部に位置し
周辺には成巽閣、国立工芸館、石川県立美術館、
金沢21世紀美術館などがあります

次は、道路(百間堀通り)を隔てて
橋一本でつながっている「金沢城公園」へと
向かってみます



にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
👆記事がお楽しみいただけたり
お役にたてましたら
1回押していただけると嬉しいです