DSC_2207
(写真:鋭い歯を持つ『ハモ(鱧)』初めて釣りました)

さて、オオモンハタに続いては
青物とフラットフイッシュ狙いで港内へ

このあたりは、リアス式海岸のため天然の良港となっており
ほとんどの港が「とても深~い」ので青物も良く回ってくるのです。

先週などは、港内に追い詰められたベイトフイッシュがあちこちでナブラを立てており
サゴシやハマチが上がっていたとのこと。
期待が膨らみます!


にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
☝同好の皆さんのブログが紹介されています。東海の釣り情報も満載ですよ!



おでかけランキング
東海地方のおでかけ情報



現場につきますと「ナブラ」は見えず。。。

「まぁ、そんなに上手いこといきませんわな。」

しかし、ここは深さがあるため
ヒラメやマゴチなどフラットフイッシュが
季節外れでも港内のベイトを狙って居着いているため釣れることもあるのだとか。

第1投目
今年たくさんのマゴチを誘惑してくれたジグパラサーフのキャンディーピンクをキャスト!

「確かに深い。。」
着水後もスプールからパラパラとラインが出て、ジグが着底するまで時間がかかります。

「着底。。」と同時に
『ゴゴン!』とアタリ!


「おおっ!?マジで!?」
ロッドを煽ると

フッキングしました!

「ガン!ガン!」と「ヘッドシェイク!」と言えば。。



DSC_2202
この方です。

DSC_2200
この夏、何度も強烈な引きを楽しませてくれた「この姿!」
マゴチさんでした。

52㎝ありましたよ。

その後、退屈しない程度に何度かアタリがありましたがフッキングせず。
アタリが遠のいてきたので

ルアーをアピールカラーのヒラメピンクのフリッパーに変更してキャスト!

すると

「ゴゴゴン!」とアタリ
「グン!グン!グン!」と凄く引きます。

『重い!大きい!』

「師匠!すいません!たも網お願いします!」

と、やりとりしていますと
『あれ?』遠方に魚影。
魚が浮いてきました。

「ごめん、網いいです💦」

時々強烈な引きを繰り返していますが
遠目でウネウネと水面で蠢く個体を確認

「うなぎ?」
と言いますと師匠が
「ハモですよ!ここではよく釣れますよ~」
とのこと


DSC_2206
ハモ。でかいです。

「歯に気を付けてください!」と師匠。
鋭い歯がむき出しで怖い顔してます。
見方によっては黒目が大きくて、かわいい感じもするのですが(笑)

フィッシュグリップだと少し怖かったので
鋭い歯に注意して、タオルをしっかり巻いて針を外します。


DSC_2208
鋭い歯のおかげでフリッパーの塗装がボロボロになってしまいました。

DSC_2209
ガッツリ針掛かりしており、噛みつく力も強いため、無理して針を外したのでフックリングが変形してしまいました。

京懐石なんかでも出される高級魚ではあります。
が、私は、板前さんのような「骨切り」の技術もありませんので海にお帰りいただきました。
鋭い歯にビビったのは言うまでもありません。


昼食は、道の駅「海山」へ
DSC_2196
地元の名産を生かしたメニュー
でも師匠はいつも『生姜焼き定食』だそう。
美味しいもんね。

DSC_2197
ワタシはサンマの干物定食(660円)にいたしました

DSC_2195
食券制です

_20191027_223320
来ましたよ~
鯖の干物も乗ってます

_20191027_223303
「う~ん!美味そうです!」
サンマの干物、初めてでしたが旨みが凝縮していておいしかったですよ~
コスパも良いので『オススメ!』です

さ、午後はまたランガンしながら、いろんな漁港へ釣行いたしましょう!




コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット