DSC_1151
(写真:「採って楽しい」、「食べて美味い」テナガエビ)
 夕涼みがてら木曽川河口にテナガエビ採りに行ってまいりました。
 木曽三川なら木曽川でも長良川でも揖斐川でも、喫水域でテナガエビをすくうことができます。

 テナガエビを採るためには、専用の小さな網が必要なのですが1本1000円前後します。
 網は壊れやすいのか、釣具店には400円台で網の部分だけでも販売されております。
   そこで、柄は自分で調達して自作いたしました。

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
☝同好の皆さんのブログが紹介されています。東海の釣り情報が満載ですよ!



おでかけランキング
東海地方のおでかけ情報



DSC_1109
網の部分だけですと、400円程度で入手できます。
100円ショップの熱帯魚コーナーの掬い網でも良さそうですね。

DSC_1114
アシストフックなどを作るためのセキ糸で柄に縛り付けます。
なければ使用済みのPEラインでもいいですね。

DSC_1112
セキ糸は瞬間接着剤で固着させます。

DSC_1111
ホームセンターで100円程度で販売されている「ただの丸棒」です。

DSC_1118
瞬間接着剤を塗ってからセキ糸で網を柄に装着しました。
簡単です。
セキ糸のエンドはハーフヒッチで3回くらい回し止めて、接着剤を盛ればOK
10353134748950
気になる人は、さらにその上に、太めの熱収縮チューブを巻いてカバーしても良いでしょうね。
これも100円ショップで販売しています。

DSC_1136
出来上がったエビ網

DSC_1137
こうした、テトラの間にいるテナガエビを捕まえます。
夜になるとワラワラと見えるところまで出てきますので懐中電灯で照らしながら採取します。
できれば、懐中電灯はLEDよりも、白熱球の方が水中が見えやすいですよ。

DSC_1143
ナガシマの夜景が綺麗(写真は長良川の河口)
夜は涼しくていいですね。

DSC_1144
採取したテナガエビ。
テナガエビのいるところにはそれを捕食するウナギも棲息しますのでブッコミ釣りのエサにもなりますよ。

採取時にはペットボトルにひもをつけて首から掛けて入れ物にします。
両手が空き便利ですよ。
そのまま蓋をすれば持ち運びにも便利です。
私はバイク移動ですから特にありがたいです。

気になる人は、ブクブクちゃんで生かしながら
しばらく水に置いて泥を吐かせてください.。o○
私は帰ったらすぐに調理して食べちゃいますけどね。
場所にもよると思いますが問題なかったです。

DSC_1149
素揚げにすると美味いです。
めんどくさがりの私は、油の処理が面倒なので、揚げ焼きで~

DSC_1152
味付けは塩だけでOK!めちゃウマな酒の肴であります。
バリバリと頭から喰えるぜぇ~!