_20190728_212527
(写真:大きな肉厚のイシガレイが釣れました)
昨日は台風のため職場からの緊急呼び出しに備え自宅待機。

今日は台風一過で晴れ渡りましたが、海はかなり濁っていることが予想されました
「これじゃルアーが見えなくて喰わんだろな~」とも思いましたが我慢できずに鈴鹿のサーフへジギングにいって参りました。
まずは楠サーフからのスタートです。
(「くすのき」サーフと呼んでいたのですが、地元の人に聞きますと「くす」だと教えられました。これまで間違って覚えておりました。💦)
現地に到着すると、案の定、海は濁りが入っており、上げ潮の時間帯にも関わらず下げの流れが大変強かったです。

台風の雨の影響か、上流からの水が、いまだに流れ込んでいるのだと思われます。
それでもたくさんの人たちがジギングをしています。
「皆さんお好きねぇ。てか、我慢できないよね~シーズンですもん!」

DSC_1022
早速ジグを投げ始めましたが、一投毎にこんな感じで流れ藻が引っ付いてきます。
「う~ん( -д-)」

濁りのせいかアタリらしいアタリもありません。
どんどん人がいなくなり昼過ぎにはほとんどいなくなってしまいました。

昼過ぎ、だいぶ濁りも落ち着いてきたところで、前回濁りのひどいとき
ダイソールアーの緑金が効いたことを思いだし、投げ始めますと
ジワッと竿先が重くなります。
すかさず(ふんっ!)とアワセを入れますとビニール袋を引っ掛けたようにずっしりとした重み
?!
直後
「グイン!グイン!」と強いヒキ!
なんだ?エイ?と一瞬思いましたが
上がってきたのは大きなイシガレイでした。
_20190728_212459
DSC_1024
カレイのくせにしっかりとジグのアシストフックを咥えています。
アシストフックが虫に見えたのでしょうか?
師匠に聞くと大型のカレイは小魚を補食することもあるとのこと。ほぇ~。

しかし使えるな。ダイソールアー!
DSC_1029
しばらく投げておりますと塗装が剥げてこうなってしまうのはタマに傷であります。
また、補修してやらないといけません。
 
DSC_1030
カレイはアクアパッツァ(イタリア風海鮮煮ですね)にいたしました。

鈴鹿のスーパーは海鮮もお値打ちで、一緒に入れるアサリと赤エビも格安で入手できました。

私流アクアパッツアは、プチトマトでなくトマト缶を使います。
カレイは一匹丸ごとではフライパンからはみ出してしまうくらい大きかったので半分にして交互に並べました。
オリーブオイルとニンニクでカレイの両面に焼き色を付けた後、月桂樹に白ワイン、トマト缶、コンソメスープかウエイパーを入れ、塩コショウで味を整えるだけです。量は適当。

トマト缶を使用する理由はあとで、スープパスタにするためです。

アクアパッツアを楽しんだ後に、茹でたパスタを入れ、粉チーズを振りかけると絶妙な海鮮風味のトマトスープパスタに変身するのです。
子供たちのウケも大変良ろしい。
簡単にやりたいかたは、サラダ用のパスタやカッペリーニを硬いままぶちこんで、煮てもOKです。

カレイは肉厚で食べるところがたくさんありましたよ。
白身魚ならカレイ以外でも良いです。マゴチはぶつ切りにして同様に調理してください。
ニンニクと香辛料がよく効いていて、まったく生臭みがなくなるところもオススメの逸品です。

今日はマゴチは全くダメでしたが、なかなか良いお土産を釣り上げることができてよかったです。



にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村
☝同好の皆さんの他のブログが紹介されています、東海の釣り情報も満載ですよ!



おでかけランキング
東海地方のおでかけ情報