DSC_0683
(写真:投げカニ網でゲットしたタイワンガザミ)

 最近、よくジギングにいくのですが、ワタリガニが頻繁にかかってきます。
 伊勢湾・三河湾は昔からワタリガニが豊富なんですよね~
 その話を仲間たちにしますと、「専門的に狙えないだろうか?」
「みんなでカニを捕って味噌汁に入れて食べよう!」ということになりました。
にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村
☝お役に立てたとき、面白かったときクリックしていただけるとありがたいです。ブログ村での順位があがりますので励みになります。



おでかけランキング
東海地方のおでかけ情報



にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村👆同好の皆さんの東海の釣り情報が満載ですよ!
DSC_0669
ジギングをしていると頻繁にワタリガニが釣れてきます。

カニ採りに必要な道具は「投げカニ網」
私たちの行う釣りや潮干狩りは「遊漁」といって、漁師さんたちが生業として行う「漁業」とは区別されています。
愛知県水産課に「じゃ漁師さんってのはどんな人?」と聞きましたら、「漁業協同組合に入っている人」とのことでした。ですから、漁業協同組合に入っていない人は、「遊漁」しかできないことになります。
じゃ、「遊漁」はなにができるのでしょうか。愛知県水産課のホームページを拝見しますと。
○竿釣及び手釣
○投網
○四つ手網(3メートル平方未満の網に限ります)
○たも網(火光を利用して使用するものはのぞきます)
○動力を利用しない瀬干漁法
○やす及びは具(まんがを除く)
○徒手採捕(つかみどり)
はやってもいいということになっております。

投網はいいんですね~
ということで、アマゾンで投げカニ網👇を購入して早速チャレンジしてみました。


6月21日金曜日
仕事が終わったあと、会社から30分程度の場所にある常滑の浜で早速開始であります。

「投げカニ網」の使い方ですが、ミカンを入れる袋のようなものが付いており、そこに魚のアラや、サンマやサバなどの餌をキッチンバサミで切っていれて、投げておくだけです。

硬めの投げ竿に取り付けて投げるか、ロープをつけて手で投げあとは待つだけ。

10分ほど放置したあと引き上げると。。。
DSC_0681
1投目からワタリガニの仲間のタイワンガザミがかかってきました。
網から外そうとした瞬間「バチッ!」「いてててててててて!」
指を挟まれました。。( ;∀;)

DSC_0682
1投毎に獲物がかかってきます。
時には2匹同時にかかってくることも。

DSC_0683
1時間程度で7匹を手中に収めましたが、私を含め2名がカニのハサミの餌食となりました。
カニも命がけですからね。

DSC_0685
それでは取れたカニさんを味噌汁にしてまいります。


DSC_0691
グラグラ茹ってまいりました。
アクがでるので取り除きます。
味噌は合わせみそが良いとのこと。
DSC_0692
完成!
「美味い!うますぎる!!」磯の味がします。
ワタリガニは身が少ないですが、カニ味噌と合わせていただくとこれがまた美味でありました。
釣り味はイマイチですが、狩猟本能が満たされる「投げカニ網」オススメであります。

本日の釣果
ワタリガニ7匹
負傷者2名