DSC_0465
(写真:粘りに粘って令和初マゴチをゲット!)

 そろそろ、ホームグラウンドの楠や鈴鹿漁港周辺の海岸でマゴチがあがっているという情報を聞きつけ、NCさんにロッドを縛り付け、マゴチのルアーゲームへと出かけてまいりました。

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村
👆同好の皆さんの東海の釣り情報が満載ですよ!
DSC_0445
天気が良く竿を出すだけでも気持ちの良い天気であります。

本日は鈴鹿の浜にあります漁港で9時半スタートいたしました。
(寝坊して、遅くなりました(;''∀'')
先乗りしている、釣りの師匠は、朝4時から釣り始めてもう、何本かマゴチを釣りあげているとのこと。
私もがんばろう!
メタルジグを投げ始めると早速ヒット!
やったか?!と思いましたが、シタビラメさんでありました。
結構引いてくれるので楽しめます。
DSC_0444
そうこうしているうちにも、シタビラメが立て続けにヒット
といっても、スレかかり(体にひっかかることです)ばかりですけどね。
シタビラメの魚影が濃いですね〜
リリースいたします。
本命のマゴチがなかなかつれない。
DSC_0447
DSC_0448
3つ目のシタビラメを釣り上げましたら、師匠が「今日はシタビラメを持って帰れということじゃないでしょうか。結構うまいそうですよ。私は持ち帰りませんが」
とのこと。
ムニエルにすると美味そうなので、キープすることにいたしました。

DSC_0449
そのほか、ワタリガニやトラフグも釣れますが
本命のマゴチが釣れません。

と、となりの師匠から、「タモお願いします!」と声がかかりました。
みると、師匠のロッドが大きく曲がってます。

DSC_0454
ものすごいファイトを魅せて、なかなかランディングネットに収まってくれなかった強者は
60センチはあろうかという大物のマゴチでありました。
大きなマゴチは人が釣っても興奮します。
しかも、よく見ると、チューンナップされているとは言え
ダイソーの100円ジグじゃないですか?!
「安いジグで工夫して釣るのも醍醐味なのです」と師匠

「時合きてますよ!がんばって!」と師匠から激励を受け
ルアーをキャストするも
DSC_0456
またしても、トラフグに

DSC_0457
シタビラメ

師匠は15時半に帰るとのことでしたので私もそろそろ納竿しようかと思いましたが
なぜか後ろ髪が引かれます
もう少しやっていくことに。

師匠の車が港を出ていく姿を見送っていると

「ガツっ!!」と強いアタリ!

マゴチ特有のブンブンと頭を振る引きです。
「キターーーーー!!!」

でも、師匠が帰ってしまってタモがない!
仕方がないので、一気に水から引き抜きました!
50センチ以上はあるマゴチさんでありました!
令和初マゴチであります!
やっと今シーズン片目があきました。



DSC_0460
がっつりルアー「ビーチウオーカーフリッパー」を咥えたマゴチ
DSC_0463
いいファイトを見せてくれました。ありがとう!

結果
マゴチ1匹
シタビラメ5匹
トラフグ2匹
ワタリガニ1匹
でございました。
今年初のマゴチをゲットできたので
大満足であります。

DSC_0470
シタビラメは簡単皮をむくことができます。
牛乳につけると臭みがまったくなくなります
DSC_0469
エンガワをキッチンバサミで切って皮をむいてあげます。

DSC_0472
バターを熱して、オリーブオイルを足して
小麦粉につけたシタビラメを焼きます。
DSC_0473
牛乳に付け込んだので全く臭みがなくおいしいムニエルとなりました。
DSC_0476
骨が簡単に外れます。
美味いですよ〜
美味しい外道であります。


DSC_0479
そして、マゴチの御造り
DSC_0482
魚介類を食べているだけあって、非常に濃い味の刺身であります。
捌いているときから感じましたがとても弾力があります。

こんなに美味い、新鮮な刺身を食べられるのは釣り人の特権ですね〜
マゴチはこれから、秋まで楽しませてくれると思いますよ!

☟鈴鹿のマゴチはこのルアーがオススメであります!ストップアンドゴーだけで良いとのことです。