DSC_0437
(写真:名古屋港水族館で最も長く飼育されている生物でもある「シワヒモムシ」)
 「怖いもの見たさ」なのでしょうか。私「うえ~」とかなるくせに、気持ち悪い生き物、変な生き物になぜか惹かれます。
 例えば、釣りで針にかかってきた魚の口の中に寄生する「タイノエ」や青魚を捌いたときにでてくる「アニサキス」も「うえ~」と言いながら、じっくり観察してしまいます。
 東京目黒にあります「目黒寄生虫館」にも何度か足を運び、「回虫」のキーホルダーとかを買ってきてたりもしております。どこか惹かれるものがあるんでしょうね~「キモイもの」って。

 
にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村
☝お役に立てたとき、面白かったときクリックしていただけるとありがたいです。ブログ村での順位があがりますので励みになります。



おでかけランキング
東海地方のおでかけ情報




 さて、わたくしの地元名古屋の名古屋港水族館でも「キモい」生き物が飼育されております。
 この「シワヒモムシ」もその一つ
 名古屋港水族館の南極コーナーで展示されているのですが、その名の通りシワシワなヒモのような生き物なのであります。
 当初、あまりにもキモすぎて、展示されていなかったとのこと。
 
 ゴムのように伸びたり縮んだり。
 体の先端にある口からエサの魚をまる丸呑みしてしまいます。
 普段はおとなしいのですが、名古屋港水族館の展示では
この様子を動画で見る事ができます。DSC_0439

 呑み込んだ後は、柔らかい体を通して、魚の形がはっきりと見えます。
 その様子はまるで「生きている腸」のようにも見えます。
DSC_0438

 名古屋港水族館開館準備中の平成3年から今まで、最も長く飼育されている生物でもあります。

 このほど、この「シワヒモムシ」が「へんないきもの大王タイトルマッチ」に出場すると知りました。
 このイベントは、全国の動物園・水族館20園館が「へんないきもの」代表を選出し、ナンバー1をWEB投票で決定するもので、投票ページからだれでも投票できるとのこと。
 私の地元、名古屋港水族館からは、この「シワヒモムシ」がエントリーするとのこと。
 
 この「シワヒモムシ」人気ナンバーワンを獲得することはできるのでしょうか?!
DSC_0436