P_20190502_101825
(写真:石ノ森章太郎ふるさと記念館ではサイボーグ009こと島村ジョーが迎えてくれます)

越後・東北ツーリング5日目の朝は、念願の宮沢賢治の故郷「花巻市」で迎えました。
宿泊したビジネスホテルも宮沢賢治の作品の登場人物に因んで名づけられた「ブドリ」という名前のホテルでありました。普通のアパートを改装した感じの民泊宿という感じで、特に賢治感はありませんでした。
さて、今回のロングツーリングも後半に突入しておりますので、少しづつ南下をして参ろうと思います。

花巻から国道4号線を下ります。
奥州藤原氏が栄華を誇った奥州市、一関市を通過し、目指すは宮城県登米市にあります、「石ノ森章太郎ふるさと記念館」であります。

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村
☝お役に立てたとき、面白かったときクリックしていただけるとありがたいです。ブログ村での順位があがりますので励みになります。



おでかけランキング
東海地方のおでかけ情報



P_20190502_074902
花巻で宿泊したビジネスホテル「ブドリ」さん


P_20190502_084452
寄り道しながらのんびりと南下してまいりましょう。
今日は、昨日と打って変わっていい天気です!

P_20190502_084904
「道の駅みずさわ」でトイレ休憩

P_20190502_084928
水沢といえば競馬場のあるところですね。
このあたりから、東日本大震災の被災地でもある地域へと入ってまいります。
南部鉄瓶などで有名な地域であります。

P_20190502_092215
悠々とたゆとう北上川をみながら南下します


P_20190502_100533
のどかな風景が続きます。いいな~東北

P_20190502_101801
「石ノ森章太郎ふるさと記念館」に到着いたしました。
なまこ壁が洒落た蔵風の建物でありました。



P_20190502_101837
館の前では島村ジョーが迎えてくれます。


石ノ森(石森)章太郎作品といえば、「サイボーグ009」、「仮面ライダー」、「人造人間キカイダー」、「ロボット刑事K」、「さるとびえっちゃん」、「星の子チョビン」など
我々の世代は幼いころからその作品に親しんでまいりました。

大人になってからも
「マンガ日本経済入門」、「HOTEL」などの作品も楽しませていただきました。

記念館ではそんな、石森先生の作品群と先生の生い立ちなどが紹介されております。


P_20190502_101859
「町は一人ではおこせませんが 人は一人でもおこせます
おこすとは興すであり 熾すであり起こすです    
一人一人の魂の覚醒こそが 町おこし第一歩であり。 
皆さんの役目があります。」
石碑に刻まれた石森先生の言葉

P_20190502_101919
自販機にも石森先生のキャラクターが所狭しと描かれていました。


P_20190502_101925
館の中庭。あちこちに面白い仕掛けがありました。

P_20190502_102027
仮面ライダーたち

P_20190502_102055
仮面ライダーとサイクロン号
P_20190502_102205
過去の特別展のチケットが飾られています。


P_20190502_104630
今回の特別展は009でありました。
P_20190502_103139
中は写真を撮れませんでしたがここだけはOKでありました。

P_20190502_104657
P_20190502_111306
たくさんのライダーたち
P_20190502_111529
記念館から50メートルほどのところに石森先生の生家があり、中も拝見することが可能となっております。
P_20190502_111618
石森先生生家の玄関。いい雰囲気です。
P_20190502_111627
キカイダーとハカイダー
P_20190502_111647
先生愛用の椅子
P_20190502_111734
広い御家ですね。


P_20190502_111816
学生時代先生が愛用した勉強机
P_20190502_111834
P_20190502_111847
先生が学生時代に松傘で制作した亀
本当は、鶴像も対であったのだとか。

さぁ、次はさらに南下して、石巻へと向かいます。