00

(写真:今回導入した手製のリフレクター(布))

 

 みなさん、毎日寒いですね~

極寒ツーリング、極寒キャンプ、極寒フィッシングやってますか?

私も元気に、毎週のようにあちこちバイクで出かけて、焚火をしたり、竿を振ったりしております。

さて、そんな寒い時期、キャンプ場では焚火をしたり、薪ストーブで暖をとったりするときに重宝するのが、「炎の熱を反射」させたり、「寒風の侵入を防ぐ」リフレクターであります。

ブッシュクラフトの世界では、拾い集めた枯れ木などを積んで、リフレクターを組み上げたりするのですが、毎回だと大変です。基本は、ステンレスなどの金属のモノが、熱の反射効率が良いと思われます。

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ←読んでくださってありがとうございます。

よろしかったらクリックお願いしますです(*´ω`*)

01
▲①ステンレスのリフレクター(矢印)、シンプルな構造ですが、薪ストーブや焚火の熱を効率的に室内に反射してくれ、重宝いたしました。

 

 金属のリフレクターは非常に効率がいいのですが、バイクツーリングの時などはかさばるため、持ち運ぶことができません。そこで、ブッシュクラフトの人たちは木製でやっている訳ですから、布製のリフレクターならいけるんではないかと考えました。

昔ながらの「陣幕」といった、商品なども販売されておりますが、「布なら自分で作ってしまえ。」と製作したのがこれでございます。

 9274695287838

02
▲②布製のリフレクター。

 服地を販売しているお店などで綿の布が購入できます。

 端は折り返してミシンや布用のボンドで貼り付けます。

 

03
▲③バイクでは運べませんが、車のキャンプ時用にホームセンターなどで、工事現場などで使用するピンを購入してきました。

04
ピンには100円ショップで購入したクリップなどでとりつけます。

05
▲⑤こんな感じで設置できます。

06
▲⑥テントの中からみるとこんな感じです。他人の視線からテント室内を隠す目隠しにもなりますね。

07
▲⑦先日の極寒キャンプでは大変よく風を防いでくれましたよ。
これは、布の角にハトメも追加してペグで下部分を留めています。強い風が吹いてもめくれることはありません。

08
▲⑧薪ストーブの熱もある程度反射してくれています。

 バイクツーリングの時は、工事現場用のピンなどは持っていけませんが
 ガイロープなどを活用する方法があります。

09
▲⑨タープを設置するためのガイロープにこれまたクリップで止めて、このように使うこともできるのです。

 

10
▲⑩横からみたところ。大変手軽でシンプルですし、かさばりません。

11
▲⑪寒風もある程度防いでくれました。あると無いとでは大違いであります。
468989
▲⑫風向きによって設置方法を変えて使用しています。
こうした布製リフレクターはかさばりませんし、バイクツーリングでも十分に持参することができるかと思います。市販されているものもありますが、けっこうしますしね~。