00
(写真:一色さかな広場の外観)

 さて、西尾・碧南のプチツアーで次に訪れたのは「一色さかな広場」です。

三河一色は、三河湾に面した温暖な気候に恵まれ、古くから鰻の養殖などで有名ですが、鰻だけでなく、愛知県の魚「クルマエビ」をはじめとする漁業も盛んで、ここ「一色さかな広場」も鮮魚・魚介類・海産物・ウナギ・寿司・レストランと朝市が楽しめる総合市場となっております。

この日も、地産の新鮮な魚介類を求めて、年の瀬の準備のため、多くの方々が訪れていましたよ。

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ←読んでくださってありがとうございます。

よろしかったらクリックお願いしますです(*´ω`*)

01

▲①さかな広場の前では恵比寿様が迎えてくれます。「商売繁盛!」「家内安全!」祈願!

02
▲②エントランスには大きな提灯がぶら下がっています。

三河一色の諏訪神社はお祭りでの大提灯が有名ですからね。

同神社では、8月の末になりますと、県の有形民俗文化財にも指定されている450年以上の歴史を誇るお祭りが開催され、全長610mの巨大な提灯が登場するのです。
 とても写真映えするお祭りだということで沢山のカメラマンが来訪するのだそうです。

03
▲③新鮮な魚介類が並びます。

04
美味しそうなアナゴのあぶり焼き

05
▲⑤ちりめんじゃこ等の乾物もあります。

06
▲⑥この大きなキンメが一匹380円と格安でしたので購入。3匹で1000円にまけてくれました。

07
▲⑦正月用に松前漬けもを購入しました。酒の進む逸品でありました。

08
▲⑧諏訪神社の大提灯を模したおまんじゅうが名物です。

09

▲⑨ほんのりとした甘さの美味しいおまんじゅんですよ。皮がまた美味かったです。

10
▲⑩諏訪神社での祭りの様子が写真で紹介されていました。

11
▲⑪寿司屋「むさし」は開店時間11時の1時間前から行列ができる人気店です。

12
▲⑫市場の名物「いかの姿焼き」(500円)

 いかを丸ごと一匹、プレスして焼き上げる逸品です。たくさんのプレス機が並んでいる様子も圧巻でありました。これも、以前先輩のご自宅でいただきましたが、美味かったです。

 早朝には朝市も開催されているそうですので、次回は是非そちらも訪れてみたいと思います。