00
(写真:旨の部分にスイッチ兼温度インジケーターが輝きます。息子に「アイアンマンみたいだね」と言われました。)

 

 最近、仕事が終わった後「ヒイカ」狙いで寒中夜釣りをしております。

 趣味のバイクツーリングと夜釣りでの寒さ対策として良い方法がないかと考えていたのですが、バイク仲間の皆さん達も、そろそろ手ごろなお値段となってまいりました「USB給電の電熱ベスト」を導入して、ぬくぬくしている方も見受けられるようになってまいりました。

 私もアマゾンを覗いてみると何と3000円台で送料込の商品も出ていましたので思わずポチってしまいました。使用感など報告をさせていただきたいと思います。

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村👆同好の皆さんの東海の釣り情報が満載ですよ!


01
▲①冬になると名古屋周辺の港湾にまわってくる小さな烏賊の仲間「ヒイカ」

02
▲②とっても寒い護岸での釣りとなります。

03
▲③長い時間「ヒイカ」の群れを引き留めるために必要な「集魚灯」も購入しました。

04
➃「集魚灯」のために購入した大型バッテリー。これがあれば、長時間電熱ベストも使用できるはずです。キャンプでも使えますね。

05
▲⑤「電熱ベスト」が到着しました。アマゾンで送料込3,198円でありました。安くなりましたね~

06
▲⑥ポリエステル繊維100パーセント。手洗いはOKです。電熱線なので折り曲げには弱いので、押し洗いですね。

07
▲⑦USBケーブルをバッテリー等に接続して、スイッチを3~5秒でON。軽く押すと、息子にアイアンマンと言わしめたインジケーターの色が変わり温度調節が3段階で可能となります。インジケーターの色は、赤65度、白55度、青45度となっています。
ヒーターは全部で5つついているとのこと。

08
▲⑧長押ししてスイッチオン

09
▲⑨インジケーターが赤(65度)く光りました。

10
▲⑩もう一度押すと、白(55度)に

11
▲⑪もう一度押すと、青(45度)に、もう1度押すと赤に戻ります。

12
▲⑫モバイルバッテリーはAUKEYの13400Ahのものを購入しました。

13
▲⑬左ポケットにUSBコードが付いていますので、これにモバイルバッテリーを接続します。

14
▲⑭ポケットにモバイルバッテリーを入れると収まりがいいですね。中温設定で5~6時間程持ちました。十分実用的な時間です。

15
▲⑮ベストのポケットは伸縮性があり、モバイルバッテリーがぴったりと収まり、落す心配はなさそうです。

16
▲⑯リトルカブにもUSB電源を取り出せるようにしておりますし。

17
▲⑰NC700Xも電源を取り出せるようになっていますので、
ツーリング時には時間を気にせず使用することができます。

18
▲⑱USB延長ケーブル(別売り)をそれぞれのバイクに搭載してあります。

 早速、夜釣りや松本へのツーリングにて使用しましたが、大変効果が高く、最高温度では熱すぎるくらいでしたので、中か低の温度で使用しております。

おなかと背中のあたりはとても暖かいのですが、肩のあたりはヒーターが無いのかそれほどでもありません、この辺は長めのネックウオーマーをしていると気になりませんが、もうすこし、高い奴だとその辺もカバーしているのかな。この価格にしては、十分に機能を果たしてくれていると感じましたです。これからの厳冬ツーリングや釣りに活躍してくれると思います!

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ←読んでくださってありがとうございます。

よろしかったらクリックお願いしますです(*´ω`*)

バッテリー及びベストは私の購入したものと全く同じものはうりきれであります。↓