また~り日記■名古屋発バイク釣~りんぐ■リトルカブとNC700Xでのツーリングまとめ

愛車NC700Xとリトルカブで、東海地方(愛知・岐阜・三重・静岡・長野)と関西地方(京都・奈良・滋賀)を中心に名古屋発 愛知発の「ツーリング」&「釣~りんぐ」&「キャンプツーリング」を楽しんでおります。 旅の記録は県ごとの「スポット別」でインデックスを作成してあります。旅先でのオススメB級グルメ情報もございます。使用しているキャンプ道具の紹介はインデックスを作成しました。 愛知県発 名古屋市発のキャンプ、ドライブ、ツーリング、デート、行楽、観光、釣行などのプランニング時に、参考にしていだだければ幸いです。

00

(写真:別名「烏城(からすじょう)」と呼ばれ黒メインの外壁が美しい国宝「松本城」)

 先日、会社の先輩と城の話になり、「松本城は中に入ってこそ、その城の成り立ちを感じ取れる。まさに戦うための城だ」と話されていました。

長篠の合戦以降使用されるようになった新兵器「鉄砲」戦に対応した城であることがとても良くわかるとのことでありましたので、昨年カブで訪れたばかりではありましたが、今年はNC700Xで、松本を再訪してみることといたしました。

続きを読む

00
(写真:旨の部分にスイッチ兼温度インジケーターが輝きます。息子に「アイアンマンみたいだね」と言われました。)

 

 最近、仕事が終わった後「ヒイカ」狙いで寒中夜釣りをしております。

 趣味のバイクツーリングと夜釣りでの寒さ対策として良い方法がないかと考えていたのですが、バイク仲間の皆さん達も、そろそろ手ごろなお値段となってまいりました「USB給電の電熱ベスト」を導入して、ぬくぬくしている方も見受けられるようになってまいりました。

 私もアマゾンを覗いてみると何と3000円台で送料込の商品も出ていましたので思わずポチってしまいました。使用感など報告をさせていただきたいと思います。

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村👆同好の皆さんの東海の釣り情報が満載ですよ!続きを読む

00
(写真:吊り下げ部品のついていないタープには欠かせないハンギングチェーン)

 ちょっと、ランタンや小物を吊るすときに、ハンギングチェーン(カラビナコード)があると物を探す手間も省けて重宝します。

 特に私は暑い季節は、タープ泊をするのですが、虫の襲撃がありますので蚊帳が必需品となります。蚊帳を吊るためにもこうしたものが必要となるのであります。

 ネットでもカラビナ付きのお手頃価格で販売していたので、「1つあってもいいかな」と購入いたしました。

続きを読む


00
(写真:キャンプに便利なコンパクトトライポットでオイルランタンを吊り下げてみました)

 キャンプの時、焚火に飯盒を掛けたり、ランタンを掛けたりするときに便利で、持ち運びにも便利な分解可能なコンパクトトライポッドを使用しております。

 基本、トライポッドは木の枝を組んだりして作っているのですが、野営場所によっては手ごろな枝が入手できないときもありますので、そのようなときに重宝しております。

続きを読む

00
(写真:日光橋食堂)

 日本一リッチな村として有名な飛島村。私もこの周辺で仕事をすることも多いのですが、よく利用させていただいているのが、国道23号(名四バイパス)と国道302号の交差点のすぐ西の名四沿いにある「日光橋食堂」さんであります。

 ここは、名四(国道23号)沿いということもあり、トラックの運転手さんたちもたくさん訪れるお店でありまして、ボリュームたっぷりの定食がいただけます。  

昔懐かしい、カウンターにならんだおかずを取るタイプのお店ですが、定食を頼むと、これまた、かなりボリューム満点で美味しいおかずが盛られたコスパ最高な定食が出て参りますのでかなりオススメなのであります。

続きを読む

00

(写真:平日限定の『まぐろ豪快丼』1000円也)

以前から四日市方面へのツーリングでよく立ち寄っておりました「まぐろレストラン『大遠会館』」(←過去の記事)1115日に新装オープンいたしましたので、早速オープン翌日の16日に幕下係長と行ってまいりましたのでそのご報告であります。

よく「新装オープン後に商品がしょぼくなった」なんてことは良くありますが、あの『名物』であります、『平日限定豪快丼』はどうなったのでありましょうか?!

続きを読む

00
(写真:黄色がキャンプサイト映えるコスパ最高の逸品であります。)

 

 ソロでのキャンツーが多い私ではありますが、家族や仲間達とのキャンプ用に、ネイチャーハイクの大型タープを導入いたしました。

この新興のNaturehike(ネイチャーハイク)というアウトドアメーカーのテントやタープは大変コストパフォーマンスに優れていると定評のあるメーカーで、わたくしもソロキャンプ用に同社のペンタタープを購入し、ソロテントと合わせて小川張りをして使用しており、なかなか使い勝手も良くコスパの良い製品であると感じましたので、大型タープもこのメーカーの物を選ばせていただきました。

ペンタタープと同色の黄色で、キャンプサイトに映える大型フルクローズドタープであります。

 

続きを読む

00

(写真:富士山の雄大な姿を望むとても広々としていて解放感バツグンなキャンプ場でありました!目の前の草原もすべてキャンプサイトであります!ひろびろ!)

 さて、用宗漁港で新鮮な海の幸を堪能したあとは、焼津のスーパーで買い出しをしてから、本日のキャンプ地=富士山の裾野にあります朝霧高原を目指します。

我が社の「野宴部」部長である、「幕下係長」と共に訪れたのは、富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジであります。ヤングマーーーン!!(利用料金はリンクを参考にしてくださいませ。)

場所も非常にわかりやすく、東名富士インター、もしくは新東名新富士インターから国道139号を真っ直ぐ北上。まかいの牧場が左手に見えましたらすぐ。その隣に位置します。

続きを読む

00
(写真:つい、さっきまで、駿河湾で泳いでいた「生しらす」は絶品でありました!)

 先週の土日は、我が社の「野宴部」の部長である「幕下係長」と一緒に、富士山は朝霧高原へキャンプへ行ってまいりました。

 せっかく静岡にいくので、海産グルメという訳で、少し早めに家を出て、以前、立ち寄って大変美味しい思いをさせていただきました用宗港の「朝、獲れたばかり!」というか、「さっきまで、駿河湾で泳いでいた!」という「生しらす」を購入して炊きたてのご飯でいただこうという企画であります。

続きを読む

オイルランタンは雰囲気いいのでバイクツーリングなどで荷物を減らしたい時でも持っていくことが多いのですが、皆さんはランタンのホヤ(ガラス部分)の保護はどのようにして居られますでしょうか。
私は自転車に乗るときにズボンの裾が汚れないように巻くアレを使っております。
このオーストリッチの奴はちょうどいい感じに湾曲していてピッタリと保護できるようになってて便利なのであります
DSC_0936
DSC_0935

  

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

国内旅行 ブログランキングへ←読んでいただきありがとうございます。よろしかったらクリックお願いしますです(*´ω`*)


07

(写真:防水ドラムバッグに付属していたバンジーコードでなくタナックスのキャリングコードを使うと着脱が大変楽になります。)

 

 皆様いかがお過ごしでしょうか。

 大型バイクなのにメットインスペースがあり、近所のコンビニにスクーターのように気軽に買い物にいける我らがホンダNC700・750シリーズ。

 メットインスペースがあるだけでも積載量が増加して、なかなか便利なバイクなのでありますが、燃料タンクがリアシート下にあるためキャンプツーリングの時には少し工夫が必要であります。

続きを読む

00

(写真:すごいボリュームの「味味」の定食)

 仕事が少し立て込んでおり、毎晩仕事で遅くなるので、外の定食屋で夕食をとったあと、銭湯で汗を流して帰宅するのが日課になってまいりました。

 大陸系の中華料理店はあちこちにありますが、この「味味」会社から比較的近く、遅くまでやっていてくれるのでありがたく利用させていただいております。笠寺駅からもすぐですので、飲み会でも使えそうですね。

 


続きを読む

00

(写真:「喜八」の本日の定食は「ひれかつ定食」830円(大盛り無料)でした)

 

 大戸屋やすき屋など、チェーンのレストランは、どこへ行っても安心して同じ味がたべられますので、ちょくちょく利用させていただいているのですが、いつも会社の先輩には、「そんな店に行ってもつまらんだろう。個人経営のここでしかたべられないというお店にいくべきだぞ」とよく言われます。

 私の住む名古屋にもそういった、個人経営の美味しい、いわゆる「街の定食屋さん」的なお店がけっこうあります。

 ここ、和風レストラン「喜八」さんもそんなお店の一つ。

 JR千種駅を降りて歩いて10分くらい北へ上がった線路沿いにありますこのお店は、おっちゃんとおばちゃんの2人で切り盛りする定食屋さんであります。

 

続きを読む

00

(写真:2代目となる中華エンジンさん)

 

 みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

 今年の3月でエンジンブロックにひび割れが発生して、搭載されていた中華エンジンがお亡くなりになり、しばらくリトルカブに乗れない日が続いておりました。

 いくら乗りやすい大型バイクNC700Xさんと言えども、さすがに通勤で使うとなると少し大げさであります。

しかも会社の駐輪場は原付2種までしか駐輪できないとあって、足代わりになるバイクをいろいろと物色しておりましたがなかなかコレという物件に出会えません。足代わりといっても、新しい原付を入手しようと思いますと、最低でも10万円はかかりそうですので、再び、ヤマモトモータースさんから、同じ中華エンジンを購入いたしました。

ヤマモトモータース中華エンジンセット代目つい

 今回は、載せ替え作業につきまして、自分の覚えのために記録をとりましたのでご紹介させていただこうと思います。

 さて、ヤマモトモータースさんなのですが、夏ごろに連絡を取りますと、かなりのバックオーダーを抱えておられるのか、10月くらいになってしまうかもしれないとのお返事。

 「それでも、いいのでお願いします。今回は、キャブレター付の中華エンジンセットでなく、エンジン本体だけでいいのですが」、とお願いいたしますと。少し安くエンジンのみをお分けいただけるということになりました。お値段は3万円ちょいといったところでありました。

 9月の末頃、エンジン送付の準備ができた旨連絡があったため、料金をお支払いたしますと、程なくエンジンが到着しました。

 では、「善は急げ」、早速載せ替え作業と参りましょう。

続きを読む

00

(写真:郡上市から恵那市を結ぶ美濃東部広域農道)

 

 なぜか、最近は週末の天気が悪く、なかなかバイクで出かけられない休日が続いておりますが、久々に天気の良かった週末、NCさんと共に下呂方面を軽く流してまいりました。

 いつもは、下呂方面はトラックが多い国道41号を避け、岐阜県道58号を使うのですが、今回の目的は「美濃東部広域農道」を使って国道156号線の郡上市から下呂方面へ抜けてみようと思い立ちました。

 この「美濃東部広域農道」は、岐阜県郡上市の東海北陸自動車道美並IC附近から同恵那市の中央自動車道恵那IC附近を結ぶ広域農道で、中濃・東濃地域沿線の農産物や白川茶の輸送力向上等、中山間地域の活性化を目的として建設された道路であります。

既存の国道や県道、市町村道のほか、新たに建設された岐阜東部農道で構成されており、2012年に全線で供用が開始された広域農道でございます。

山の中を走る快走ワインディングロードとなっており、車も少なく、楽しいツーリング向きの道なのであります。

続きを読む

↑このページのトップヘ