また~り日記 名古屋発バイクツーリング

愛車NC700Xとリトルカブで、東海地方(愛知・岐阜・三重・静岡・長野)と関西地方(京都・奈良・滋賀・大阪)を中心に名古屋発 愛知発の「ツーリング」&「釣り」&「キャンプ」を楽しんでおります。 カテゴリ別アーカイブで旅先を県別で分類できるようにしました。 旅先や名古屋周辺のオススメB級グルメ情報もございます。 使用しているキャンプギアの紹介はカテゴリ別アーカイブで「キャンプギア」を選択してください。 愛知県発 名古屋市発のキャンプ、ドライブ、ツーリング、デート、行楽、観光、釣行などのプランニング時に、参考にしていだだければ幸いです。




 1 日本三大名園「兼六園」


IMG_6319
(写真:兼六園の「徽軫(ことじ)灯籠と霞ヶ池」

我々の北陸旅行
金沢で美味い酒と肴の夜を過ごし
翌朝は日本庭園
「兼六園(けんろくえん)」へ

広大な敷地の広さは約11.7ヘクタール
加賀藩によって金沢城の外郭に
造営された「大名庭園」を
起源とする江戸時代を代表する
池泉回遊式庭園で
岡山の「後楽園」
水戸の「偕楽園」と並んで
日本三名園の1つに数えられ
国の特別名勝に指定されています

 『ミシュラン観光ガイド』でも
最高評価の3つ星に選ばれた
日本を代表する素晴らしい庭園
なのであります



👇今回の北陸旅行は富山・石川を散策しております


👆その他の金沢の街歩きについてはコチラをご覧ください


👆金沢での昼食は古い油商店を改装したここで台湾料理をいただきました



👆金沢の古い町並みが残る「ひがし茶屋町」についてはこちら


👆富山県の「氷見の街」につきましてはこちらをご覧ください


👆富山県「氷見魚市場食堂」


👆富山県「高岡」についてはこちらをご覧ください

続きを読む




 1 金沢の夜の味を堪能



IMG_6284

(写真:「わかな」さんの超お得な盃盛り)

今日一日、富山県の藤子不二雄先生の
足跡をたどったあとは
宿のある金沢の街を散策しつつ夜の食を求め
街をさ迷っておりますと
よさそうなお店を発見いたしました

👆藤本先生の故郷「高岡」

👆安孫子先生の故郷「氷見」

👆氷見漁港でのオススメランチ






続きを読む




 1 古い建物を生かしたお店『四知堂』



IMG_6610
(写真:『四知堂』の魯肉飯(ルーローハン))

北陸旅行での
金沢の街散歩
そろそろお腹も空いて
参りましたので昼食に
いたそうと思います

👇今回の北陸旅行は富山・石川を散策しております👇


👆その他の金沢の街歩きについてはコチラをご覧ください


👆金沢の古い町並みが残る「ひがし茶屋町」についてはこちら


👆富山県の「氷見の街」につきましてはこちらをご覧ください


👆富山県「氷見魚市場食堂」


👆富山県「高岡」についてはこちらをご覧ください



続きを読む




 1 金沢を代表する茶屋街「ひがし茶屋街」



IMG_6555
(写真:金沢の代表的な茶屋街『ひがし茶屋街』)


金沢東山の中心には
ひがし茶屋街があります

芸妓遊びができる
この地区には
復元された茶屋や
酒場が並び
昔懐かし雰囲気を
漂わせています



👆その他の金沢の街歩きについてはコチラをご覧ください


👆富山県の「氷見の街」につきましてはこちらをご覧ください


👆富山県「氷見魚市場食堂」



👆富山県「高岡」についてはこちらをご覧ください

続きを読む




 1 江戸から近代の面影残る古都「金沢」


75_large
(写真:金沢駅の象徴「鼓門(つづみもん))

藤子不二雄先生
お二人の足跡をたどった
北陸旅行富山から
今晩の宿泊地『金沢』に
到着しました


👆藤本先生の故郷「高岡」


👆安孫子先生の故郷「氷見」



👆氷見漁港でのオススメランチ



続きを読む




 1 高岡大仏で有名な「高岡市」へ



IMG_5899
(写真:高岡市といえば高岡大仏様)

 藤子不二雄先生の一人
安孫子先生の故郷「氷見」を
あとにした我々

👆「氷見の街」につきましてはこちらをご覧ください


👆氷見魚市場食堂


もう一人の藤子先生、藤本先生こと
藤子・F・不二雄先生の

故郷富山県「高岡市」に向かいました



ここ高岡には奈良・鎌倉の大仏様と並び、
「日本三大大仏」と言われております
「高岡大仏」様がおられます
とてもイケメンな大仏様ですよ
(※日本三大大仏は岐阜大仏という説もあります)


👆岐阜大仏様についてはこちらをご覧ください
続きを読む




 1 氷見魚市場食堂へ



IMG_6095
(写真:氷見魚市場の『氷見海鮮漬丼』)

藤子不二雄Aこと我孫子先生の故郷
氷見を散策
お腹も空いてきましたので
氷見漁港にあります
『氷見魚市場食堂』へと参りました


続きを読む




 1 藤子不二雄Ⓐ先生の故郷へ


IMG_6053
(写真:氷見の街には藤子不二雄Ⓐ先生のキャラクター達がいます)

『オバケのQ太郎』
『忍者ハットリくん』
『怪物くん』
『プロゴルファー猿』
『笑ゥせぇるすまん』
自伝的漫画『まんが道』
多くの名作を生み出してきた
安孫子 素雄先生

故:藤本弘(藤子・F・不二雄)先生と共に
藤子不二雄として
そしてそれぞれが別の道を歩み始めたのちは
藤子 不二雄Ⓐとして活動され
子供向けだけでなく大人にも愛される作品を
生み出してこられました

👆藤本先生の出身地『高岡』につきましてはコチラ



藤本先生が亡くなられた後も
お元気な姿をテレビなどで拝見していたのですが
残念ながら、今年の4月にその訃報が
届きました

今回は、先生の故郷、富山県の氷見市に
追悼の旅へと訪れました

続きを読む




 1 中山道の遺構が残る風光明媚なツーリングコース



00表紙
(写真:旧中山道をカブでゆっくりと散策いたしました)


岐阜県道65号恵那御嵩線は、
岐阜県恵那市から瑞浪市を経由し、
可児郡御嵩町の国道21号交点までを結ぶ
比較的短い県道です。

実はこの県道65号は、
険しい未舗装の山道である峠以外は
大湫宿、細久手宿などを経由する
旧中山道とほぼ同じコースを
トレースしており、全体として
山間部を通過する県道となっております。

随所に、中山道時代の遺構が残されており、
風光明媚なツーリングコースであるとの
ことでございましたので、
今回はリトルカブで日帰りツーリングがてら、
ゆっくりと旧中山道の雰囲気を味わいたいと思います。







続きを読む




 1 「日本のチロル」遠山郷


00
(写真:下栗の里)


 「遠山郷」は長野県の南の端
天竜川の支流「遠山川」に
沿って広がる山深い谷間の地域で
「信州三大秘境」とか
「日本の秘境100選」のひとつに
数えられています。

 先日、遠州から未開通の国道152号を
兵越林道でパスして、「遠山郷」に入りましたが、
今回は、娘と一緒に車旅で、
飯田インターから「しらびそ峠」を
経由し林道を通って南下して参りました。

 「しらびそ峠」からの林道をしばらく走り、
九十九折を下ると、「日本のチロル」と
称される「下栗の里」に到着します。

続きを読む

↑このページのトップヘ